ワーリング・ウィッチクラフト(Whirling Witchcraft)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、独特なプレイ感が癖になる、魔法使いの魔法調合がテーマのゲームです。

ワーリングウィッチクラフト(Whirling Witchcraft)

・所要時間:45分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 各プレイヤーに材料保管用ボード、ドラフト用大釜、アルカナトラックカード&3種のアルカナマーカーを配布。
  • ランダムで魔女カード2枚を山札から引いて、1枚のみ獲得し、獲得した魔女カードの裏面に書かれている初期材料を材料保管用ボードに配置。
  • 各プレイヤーは調合法カード4枚を山札から引いて手札にする。
  • 各ラウンドは、「調合法カード選択」「材料生成」「大釜ドラフト&バースト処理」の順に進行。
  1. 調合法カード選択フェイズ:
    手札の調合法カードから1枚を選んで、全員一斉にオープンし、自分の前に配置。(配置済のカードがあればその隣に)
    調合法カードの上部にアルカナアイコンが描かれている場合は、自分のアルカナトラックカード上のあるかなマーカーを進める。
    アルカナマーカーが偶数マスに到達したら、次の材料生成フェイズで、マーカーの種類に応じたアルカナの効果を1回発動できる。
  2. 材料生成フェイズ:
    目の前に配置してある全てのカードを1回ずつ使って材料を生成する。
    カードには必要材料と生成材料が書かれているので、自分の保管用ボード上の資材から必要材料をストックに支払った後、生成材料をストックから得て、自分のドラフト用大釜に入れる。
    アルカナ効果を発動できる場合は、マーカーに応じて下さい「ストックから好きな材料1個を直接大釜に入れる」「取り、自分の大釜に加える」「自分の材料保管用ボードから材料2個を取り除く」などの効果を発動。
  3. 大釜ドラフト&バースト処理フェイズ:
    全員同時に、ドラフト用大釜を右隣のプレイヤーに渡し、受け取った大釜の中の材料を自分の材料保管用ボードに配置。
    保管用ボードには、各材料ごとに保管できる数が決まっていて、黒は 3個、白は4個、赤は9個、青は9個、緑は9個までしか保管できない。
    保管できずに溢れてしまった分はバーストとなり、左隣のプレイヤーに得点として渡す。
    上記を繰り返し、得点として獲得した材料が5個に到達したプレイヤーがいたらゲーム終了。
    得点が最も多い人が勝ち。
    誰も到達していなければ、全員手札を左隣のプレイヤーに渡した後を、山札から手札を1枚補充して次のラウンドへ。



感想

●妻
最初楽しかったけど、ひろさんの隣りだとすごいバーストさせてきて不愉快だから、もうやらない。←w

●ゆづ(10歳の娘)
隣の人に材料を送り込みまくって溢れたら得点できるっていうシステムが凄く独特で新鮮!
楽しいね。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!!
どのカードを選ぶのかも超大事だよね。

●自分
他にない独特のプレイ感で楽しいです。
自分がバーストしないようにコントロールしつつ、他プレイヤーがバーストしやすい材料を生成していく過程がとてもテクニカル!

毎回のカード選択も悩ましい!
材料生成の時に、みんなでぶつぶつ言いながら大釜に材料を打ち込んでいく様は魔法使いの怪しい実験そのもの(笑)

プレイ時間も短めで切れ味が良く、全体的にも完成度の高い修作。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:10
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:9
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:6
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:8

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント