ゾフィンズー(Zoff im Zoo)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、大富豪系ゲームです。
でも、数字ではなく動物の強さで場に出せるカードが決まるという特殊なルール。
面白そうな予感がたっぷりですね。

ゾフィンズー(Zoff im Zoo)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

食物連鎖がテーマの大富豪的GO OUTカードゲーム!
手札を早く出し切ることを目指そう。

  • カードには数字がなく、「動物の絵」と「その動物より上位の動物の絵」が描かれている。
    (例. ハリネズミのカードには狐が書かれている = ハリネズミの後は狐しか出せない)
  • 全てのカードをシャッフルして、指定の枚数を各プレイヤーに配布。
  • スタートプレイヤーは、手札から好きなカードを中央に出す。
    同じ動物であれば何枚でも出せる。
    以降のプレイヤーは、 時計回りの順で「前のプレイヤーが出したカードと同じ枚数かつ上位の動物カードを出す」か「前のプレイヤーが出したカードと同じ動物カードを1つ多い枚数出す」か「パス」のいずれかをする。
  • 全員が連続してパスしたら場が流れ、最後にカードを出した人が好きなカードを出してリスタート。
  • 手札を出し切ったプレイヤーはそのラウンドから卒業。
    卒業が早い順に1位、2位となる。最後の1人が残るまでゲームを続ける。
  • 1位のプレイヤーは、4点、2位のプレイヤーは3点、3位のプレイヤーは2点を獲得。
    4位のプレイヤーは得点できず。
  • ラウンドを繰り返し、2人のプレイヤーが19点を超えたらゲーム終了。
    得点が多い人の勝ち。



感想

●妻
うわー、めっちゃ面白いわ。
陸の動物は陸の動物じゃないと場に出せなくなるし、海の動物は海の動物じゃないと出せないから、どのカードもしっかり活躍できる場があって良いね。
最後までどんでん返しが起こる感じが凄くいい。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しい!
凄く強いゾウが何故かネズミに負けるから、ゾウの後も場が流れずに続くのが面白い。
ずっとワクワクできる良いゲームだね。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しくて、ずっと遊んでられるね!!
シャチが強くてカッコよくて、配られた時に手札にくると最高に嬉しい。

●自分
カード構成が絶妙。
最初はどの動物の後にどの動物を出せるのかが覚えられなくて少しとまどったけど、何回か遊んだらいつの間にか直感的に「より強い動物」を出せるようになってました。
場に出た動物カードを軽くカウンティングしつつ、どの動物を残しておくと最後に勝ち抜けるかを構築していく感じが戦術的で楽しい。

でも、何だかんだと、シャチとゾウを持ってると強いので、配布手札にこれらが来ると、大富豪の2が来た的な高揚感があるのも良いです。
「前に出ているカードと同じ動物なら、1つ多い枚数を出せば出せる」というルールも上手く機能していて、初期手札からどの順番で場を制して行けば勝てるかをある程度組み立てられる。

GO OUT系ゲームとしては至高の仕上がりだと思います。



総合評価

  • 総合評価:9
  • 独創性:10
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:10
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):9
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:10
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:7
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント