おろかな牛(Blode Kuh)

・所要時間:15分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

ダメな動物を引き取らないようにするGO OUT系カードゲーム!

  • 動物カードは、羊、豚、馬、牛の4種類。
    各プレイヤーに9枚の動物カードが配布され、ゲームスタート。
  • 中央には、4種類の動物に対応するマイナスカードが1枚ずつ置かれている。
  • 手番では、動物カードを1枚出すか、同じ動物カード2枚を出す。
  • 動物カードを1枚出したら、動物ごとの効果を発動。
    羊は特に効果なし。
    豚は次の手番の人が1枚カードを引く。
    馬は全プレイヤーがいらないカード1枚を左隣の人に渡す。
    牛は出した人が1枚カードを引く。
  • 動物カードを2枚出したら、その動物のマイナスカードを中央からとり、自分の前に置く。
    既に外のプレイヤーの前にその動物のマイナスカードが置いてあれば、時計回りにその左隣の人の前に移動する。
    こうやって、マイナス動物カードがプレイヤー間をぐるぐる回っていく。
  • 誰か1人が手札を出し尽くしたらラウンド終了。各プレイヤー、自分の目の前にあるマイナス動物カードを受け取る。
    加えて、手札の枚数が最も多いプレイヤーはマイナス4点カードを、2番目に多いプレイヤーはマイナス2点カードを受け取る。
  • これを繰り返し、3ラウンド目が終わったらゲーム終了です。
    マイナス点を合計し、もっともマイナスの低いプレイヤーが勝ち。



感想

2019年当時
●妻
簡単なルールだけど、かなり面白いね。
手軽だし、これならいつでもやれるね。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しい!
マイナスカードもらうの嫌だね!

●ヨタくん(3歳の息子)
楽しい!
ヨタくん、パパに豚のカードを渡すんだお。

●自分
これは結構面白いです。
ルールがとてもシンプルなのに、結構ハマる。
運の要素が強いけど、いつマイナス動物カードを動かすのかを考えるのが面白い。

ラウンドが進むごとに中央のマイナス動物カードのマイナス点が上がっていくのが盛り上がっていいね。
逆転できる可能性が最後まで残るのもGOOD。

手札を1枚捨てるか2枚捨てるかという軽快なプレイ感にも関わらず、これだけジレンマを当ててくれ、盛り上がるのは素晴らしい。
良作です。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:5
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:8
  • 動物ゲームで動物がマイナスな珍しさ:9
  • マイナスを大量にとった時の絶望感:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント