スカウト!(SCOUT!)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

上下に別の数字が書かれたカードを使う、変則的大富豪ゲーム!

  • テーブル中央に得点チップを置き、全プレイヤーにダブルアクションマーカーを1つずつ、手札を規定枚数(4人なら11枚ずつ)配布したらゲームスタート。
  • 配布されたカードは並べ替えることが出来ないし、上下を入れ替えることができない。
    ただし、全てのカードをまとめて上下入れ替えることのみ可能。
    カードは上側に書かれた数字を数としてプレイする。
  • 手番では前プレイヤーが出したカードよりも強い組み合わせ or 強い数でプレイできれば自分の前に出せる。
    複数枚で出す場合は、隣接している「同数」か「連番」のみ。
    出すことができたら、前プレイヤーが出したカードは得点カードとしてGETし、伏せて置いておく。
    出さない or 出せない場合は、パスして前プレイヤーが出したカードを1枚もらい(スカウトし)、自分のカードの好きな位置に上下自由に差し込める。
    パスさせた前プレイヤーは、中央から得点チップを1つもらえる。
  • カード構成の強さは、「1枚or複数枚同数なら数字が大きい方が強い」「枚数が多い方が強い」「同じ枚数なら連番より同数が強い」「同じ枚数の連番なら最小数字が大きいほうが強い」という基準。
  • 1度だけダブルアクションマーカーを捨てて、スカウト(パスしてカード入手)からのプレイができる。
  • 誰か一人の手札がなくなるか、誰かがプレイしたカードを全員がパス(スカウト)したら即ゲーム終了。
  • 得点カード(1枚1点)、得点チップ(1つ1点)の合計から、残った手札の枚数を引いて、合計点が高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
これは、、、面白いね。
子供がやるにはちょっと難しいけど、ゲームシステムが凄い。

●ゆづ(7歳の娘)
難しかった!
カードをそろえるのが難しい。

●ヨタくん(4歳の息子)
難しかった!
あまり出せなかった。

●自分
相当に面白いカードゲームです。びっくり。

「手札を並べ替えられない」「数字が上下に書かれていて、どちらかを使用」「相手をパスさせたら得点」「パスしたら前プレイヤーの場札から1枚もらえる」など、他のカードゲームで採用されているシステムを丁寧に融合させ、「手札を出せたら前プレイヤーのカードを得点としてもらう」「パス補充からのカード出しを1回だけできる」などの斬新なエッセンスを追加することで、無駄なくヒリヒリする理想的なシステムに昇華してます。

一見ルールが多いような気がしたけど、やってみると一つ一つに意味があり、直感的なのですぐに慣れます。

あえてパス(スカウト)して手札を充実させ、ある程度揃ったら他プレイヤーが強い構成でカードを出す、というのが王道かと思ったけど、別に出し切れば勝ちではなくあくまで得点をどれだけとれるか、が勝負なので、なるべくパスせず細かく稼いでいくことも重要。うーん、、、悩ましい。
それでいて、他プレイヤーが上がったり、超強力な組み合わせで全員パスするといきなりゲームが終わるため、いつ終わるかの緊張感も凄い。

まだ勝ち筋がわからないけど、奥行きがありそうで、かなりのポテンシャルを感じています。
考える要素が多いので、大人同士のプレイがお勧め。カードゲーム好きなら一度やるべきゲームですね。

この感動は、アブルクセンスカルキングを初めてプレイした時に近いなぁ。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 7歳児と本気で遊べる度:3
  • 3歳児も楽しそう度:1
  • 備考:手札が密かに揃ってきた時のしめしめ感


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント