マラケシュ (Marrakech)

・所要時間:30分
・今回の人数:3人(俺、妻、ヨタくん)

ゲーム概要

モロッコの都市マラケシュ(ボード)が舞台!
綺麗な絨毯を引いて他プレイヤーからお金を稼ぐゲーム。

  • 絨毯は1枚でボード2マスを埋める大きさ。
  • 各プレイヤーは、自分の色の絨毯と30円もらってスタート。
  • 手番では、おじさんのコマの向きを90度変え、その後サイコロを振り、出た目の数だけ移動させる。
    移動させた場所に他プレイヤーの絨毯があったらそのプレイヤーに連続してるそのプレイヤーの絨毯分、お金を払う。
    その後、駒に隣接するマスに自分の絨毯を1枚敷ける。
    相手の絨毯に一部かぶせるの はOK。
  • 上記を繰り返し、すべての布が置かれた時にゲーム終了。
    手元にあるお金と、ボード上で上に敷かれず見えている自分絨毯の数を足して、合計点が高い人人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
絨毯綺麗!
シンプルだし軽いし、結構好きだよ。

●ヨタくん(3歳の息子)
マラケシュたのしい!
ヨタくん、つよいよー

●自分
見た目のほんわか雰囲気とは裏腹に、本気で勝とうとすると他プレイヤーを邪魔しまくれる攻撃性の高い陣取りゲーム。

意外と妻が気に入ったのは、絨毯が綺麗だからかなぁ。

ルールはシンプルで、絨毯がほんとに綺麗。
ただ、戦術をどれだけ練っても結局他プレイヤーに集中攻撃されるとまず勝てない。
この手の集中攻撃可能なシステムが個人的にどうも苦手で引っかかりました。

絨毯を敷いて大きくしていっても上からどんどん上書きされていくので、創り上げていく喜びもイマイチ。

なんだかとっても辛口になってしまったけど、ルールの独特さ、コンポーネントの美しさ、ゲームの収束性など、いずれも一流のゲームには違いなく、完全に好みの問題ですね。



総合評価

  • 総合評価:5
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:5
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:2
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:8
  • 絨毯の美しさ:9
  • おじさん駒の可愛らしさ:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント