狩猟の時代(Age of Hunting)

・所要時間:90分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

狩猟時代をテーマにした拡大再生産系ワーカープレイスメントゲーム!

  • アクションスペースとなる狩場ボードを指定の数選択して並べる。
  • 狩場カードには、横一列に族長コマ・部下コマを置くためのアクションスペースと、永続効果となる家コマを置くスペースが描かれている。
  • 個人ボードには、①資材を次の手番に持ち越すために必要な洞穴スペース( 初期は3、MAX6)と、②アクション効果を高めるための追加の部下コマが置かれたスペースと、③永続効果となる家コマが置かれたスペースと、勝利点トラックがある。
  • 手番では、まず、「コマ配置」か「配置されたコマを手元に戻す」のどちらかで、ボードに書かれたアクションを行う。
    族長と一緒に配置する部下コマが多いほうがアクションの効果が高い。
  • その後、必要な資源を支払って、①個人ボード上の洞窟スペースを増やすか、②部下コマを追加するか、③家コマを狩りボードに配置するか、のいずれかを任意で実施し、倉庫に入り切らない資源を捨てて手番終了。
  • 上記を繰り返し、自分の家コマを全て置ききったプレイヤーが出るか、勝利点が10点に達したプレイヤーが出たら、終了フラグ。
    スタートプレイヤーの右隣の人の手番が終わるとゲーム終了。
  • ゲーム中の得点に加えて、家コマ、追加部下のボーナス点などを加えて、総得点の高い人が勝ち。



感想

●妻
良く出来てるね。
コマを置くときと取るときの両方でアクションが出来るから、どんどん成長する感じが好み。

●ゆづ(9歳の娘)
すごく楽しかった!
早めに得点をとっていかないと勝てないね。
成長されるのが楽しくて点を取るのが遅くなっちゃった。

●ヨタくん(5歳の息子)
楽しかった!
ヨタくんは、マンモスをたくさんとって、勝利点も結構もらえたよ。

●自分
完成度の高いワーカープレイスメントゲームです。
コマを置いたあとしばらく放っておくと回収するときのアクションが強くなる感じは、ツォルキンぽい。
ただ、他プレイヤーの行動によってコマ回収時のアクション強度が変わる点で爽やかなインタラクションを創出していてオリジナリティを感じます。

狩りボードの種類も豊富でリプレイ性も高い。
楽しかったです。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:8
  • 5歳児も楽しそう度:8
  • 備考:回収時アクションは本当に鋭い発想だと思う

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント