アズール (Azul)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • プレイ人数に応じた枚数のコースターを中央に配置。
    タイルを入れた袋からタイルを引いて各コースターに4つずつ配置。
  • 各プレイヤーに1枚ずつ個人ボードを配布。
  • 手番では、1つのコースター上、もしくはコースター外のタイルのうち1色を選び、全て獲得。
    コースター上からとった場合、とった色以外のタイルは全てコースター外に置かれる。
  • 獲得したタイルは、個人ボード左側の「5行のタイル配置スペース」に配置。
    1つの行は1~5マスで構成され、各行1色しか置けない。
    置けなかったタイルは最下段のマイナス点スペースに左詰めで置いていく。
    置けば置くだけマイナス点は跳ね上がっていく。
  • 中央に配置されたタイルが全て獲得されたら、全員同時にタイル移動を行う。
    個人ボードの右側には「得点化スペース」があり、左側の「5行のタイル配置スペース」の中にタイルで全てのマスが埋まった行があれば、そのタイルを「得点化スペース」の対応する行のそのタイル色のマスに1つ配置。
    配置後、タイルを置いたマスの上下左右のマスを確認し、タイルが1つもなければ1点、上下左右いずれかにタイルがあったら、そこから繋がっているタイルの数分得点がプラスされる。
  • タイル移動が終わったら、再度コースター上に袋から4つずつタイルを配置し、次のラウンドへ。
  • 上記を繰り返し、いずれかのプレイヤーの得点化スペースの1つの行が全て埋まったらゲーム終了。
  • 全プレイヤーの得点化スペースを確認し、5つのマスが埋まった列1つごとに7点、5つのマスが埋まった行1つごとに2点、同色のタイルスペース5つが埋まっているごとに10点のボーナス。
    ボーナス点とゲーム中の勝利点を合計し、最も勝利点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
凄く悩ましくてめっちゃ面白いね。
他プレイヤーのタイルの選び方によっては不要なタイルをとらざるを得なくなって大量のマイナス点をくらうことになるのが超恐怖!

●ゆづ(8歳の娘)
これ、楽しいね!
最初はどのタイルを選ぶといいか難しかったけど、何度かやったらわかってきて面白くなったよ!

●ヨタくん(4歳の息子)
とっても楽しい!ヨタ君上手にできたよ。
マイナス点もらうと悔しいけど、ちゃんと考えてタイルを選べば勝てるよ!

●自分
さすが世界一をとってるゲームだけあって、抜群に面白い!
ウボンゴや雅などと違ってマイナス点の要素があるので、ビターな緊張感がある。
タイルの選び方や配置の仕方など考える要素が多く、慣れてきたら他プレイヤーの配置を見てどのタイルをとりにいくか予想し、相手が欲しいタイルを先にとったり、自分の欲しいタイルが残るよう仕向けたりと、戦術要素たっぷり。タイルの重厚感もすごく良い!
ジリジリしたゲーム展開を制して1位になった時の達成感がとても大きいです。
とても洗練されていて、完成度がとても高いです。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:10
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):9
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:アズールがだんだんできるようになっていく過程で子供たちの成長を感じる度:10


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント