ブルームサービス:カードゲーム (Broom Service: The Card Game)

・プレイ時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 4人プレイでは、7種類(色)のカードを使う。全カードをシャッフルして、各プレイヤーに15枚ずつ配布。各自配布された15枚から異なる種類の3枚のカードを選び手札にする。
  • 中央には仕事カードが3枚置かれる。仕事カードには「青の薬品3つと黄色の薬品5つ」などの獲得条件が書かれている。
  • スタートプレイヤーから順に手札を1枚場に出す。その際、「勇敢です!」か「びびってます!」のどちらかを宣言。勇敢な人はもらえる薬品が多く、びびってる人は少ない。
  • 次のプレイヤーは、同じ種類のカードを持っていたら場に出さないといけず、同様に勇敢かびびりか宣言。勇敢を宣言した場合はその前に勇敢を出していたプレイヤーのカードは捨てられてしまう。びびりだったらそのままカードを残せる。
  • これを全プレイヤーの3枚の手札がなくなるまで続けてラウンド終了。ラウンド終了時に達成している仕事カードがあれば獲得。これは終了時に1枚あたり5点になる。
  • 3枚のカードを補充したら次のラウンドへ。4ラウンド終了後に、得点計算。
  • 薬品は同じ種類が多ければ多いだけ得点が高くなる。これに、仕事カードの得点を加えた合計点が最も高い人が勝ち。

 



感想

2019年当時
●妻
ゲームバランスが絶妙で、とても面白かった。ルールがわかりやすくて、勇敢かビビるかの選択も悩ましくていいね。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しかった! 頑張って「勇敢」って言って、他に誰もいなかった時すごく嬉しい!

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった! ずっと勇敢ですって言ったら負けたの。

●自分
これは非常に良くできたカードゲームです。「魔法にかかったみたい」をよりシンプルに研ぎ澄ましたプレイ感。「魔法にかかったみたい」は良くも悪くも勝利点が複雑なのでちょっと重くゲーム時間も長め。このゲームは分かりやすくゲーム時間もかなり短い。

カードサイズが小さくて、カード絵が美しく、全体的にオシャレな雰囲気なのもとても良い。

ボードゲーム初心者ともわいわい盛り上がれる傑作だと思います。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:8
  • 備考:「勇敢」で通った時のやったった感

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント