カスカディア(CASCADIA)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、ドイツ年間ゲーム大賞2022の受賞作品です。
動物がテーマのパズルは数多いですが、その中に分け入って最新の大賞をとるとは凄い。
どんなゲームなのか、レビューします!

カスカディア(CASCADIA)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<システム>

  • 2層構造のタイル配置パズルゲーム!

<準備>

  • 全ての動物ディスクを布袋にいれる。
  • 全ての生息地タイルをシャッフルして裏面にしてストックにする。
  • 動物ディスクと生息地タイルを4枚ずつ引き、ペアにして並べる。
  • 動物得点カードを動物ごとにランダムに5枚選択して配置。
  • 自分の手元に初期生息地タイル配置。

<進行>

  • 手番では、中央に並ぶ動物ディスクと生息地タイルのペアを選んで獲得し、配置する。
  • 生息地タイルは、配置済みの生息地タイルと1辺が接するよう配置。
    動物ディスクは対応する生息地タイルの上のみに配置。
    動物ディスクは配置せず布袋に戻してもOK。

<終了>

  • 生息地タイルのストックがなくなったらゲーム終了。

<得点>

  • 動物得点カード
  • 生息地ごとの大きさ(連続する同種の生息地タイル枚数の最大値)
  • 生息地ごとの大きさマジョリティ など

<勝利条件>

  • 最も勝利点の高い人の勝ち。



感想

●妻
どの組み合わせでタイルとディスクを取っていくのか、ずっと悩ましくて良いね。
カードゲームのエコシステムとちょっと似てるけど、得点手段が毎回変わるのは良いね!

●ゆづ(10歳の娘)
楽しいね!
どのセットをもらうのか、どうやって置くのか、たくさん悩んで気持ちの良く疲れる感じ。

●ヨタくん(6歳の息子)
楽しいー!!
わかりやすいし、何回でも遊べるね!
欲しいセットをとられると超悔しくなる!
また遊ぼう!

●自分
とっつきやすいテーマとルールで、大賞受賞も納得のゲーム。
複数ある得点手段のどれを重要視していくのか決めつつ、満遍なく得点していくスタイルが肝。
ワイワイ気軽に遊べるナイスゲームでした。
プレイ感の軽さはキングドミノくらいかな。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:8
  • 10歳児と本気で遊べる度:8
  • 6歳児も楽しそう度:8

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント