クランク!:猿王の神殿(拡張)(Clank! Expeditions: Temple of the Ape Lords)

こんにちは!  ヒロです。
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

★今までの人気記事はこちらから

前回に引き続き、大人気デッキ構築ゲーム「クランク!」の拡張をご紹介します。

まず拡張2つ目の紹介は、「猿王の神殿」です。

猿王。。。キングコング??

確かにクランク!には謎の猿トークンが得点要素としてありますよね。
これの王様がボスってことかな。

ミイラ拡張と違って、どんなテーマ・ボード・要素かイメージできないので逆に楽しみ。ワクワク。

デッキを片手に猿探しよ旅へ、レッツプレイ!

クランク!:猿王の神殿(拡張)(Clank! Expeditions: Temple of the Ape Lords)

基本のゲームシステム

過去の下記記事をご覧ください。

クランク!(CLANK!)
デッキ構築&洞窟探検&チキンレースゲーム!ドラゴンに怯えながらダンジョン探検をしよう。

拡張の内容

<追加コンポーネント>

  • 新しいボード(両面)
  • ボスマーカー
  • サル仕掛けトークン
  • 時間巻取り機
  • 複数ギア回転トークン
  • 回転ギアトークン

<特徴>

ジャングル面と神殿面で追加ルールが異なる。

  • ジャングル面
    • ゲーム準備時に、サル仕掛けトークンをボード上のトンネルの対応する場所に1枚ずつ配置。ゲーム中ほの通路を通過したらトークンを獲得。
    • ボード上に「ツタ渡り移動」ができるルートがあり、クランクキューブをノイズエリアに置くことで通れる。
    • 最終得点計算時に、獲得したサル仕掛けトークンをそれぞれを種類毎の個数を確認し、個数に応じた得点を獲得。
  • 神殿面
    • ゲーム準備時に、回転ギアトークンをボードの対応する場所に配置。
      その後、サル仕掛けトークンを各プレイヤーに3つずつ配布(非公開情報)。
      最後に、複数ギア回転トークンをボード上の怒りメーターのマスに配置。
    • ゲーム中、各プレイヤーは、ボード上のギアと同様のマークのサル仕掛けトークンを使用することで、ギアを回転させて、接続する通路を変更することができる。
      また、ボスマーカーが怒りメーカー上の複数ギア回転トークンのあるマスに移動する度に、示された種類のギアトークンを時計回りに回転させる。
ジャングル面のゲーム終了後はこんな感じになりました↑



感想

●妻
神殿面は、ギアが良い仕事してる!
通りたい時に通れないこともあるし、たまたま通れて救われることもあるし、面白い。
ジャングル面では、トークンはこそこそ集めて勝てたので嬉しかった。

●ヨタくん(7歳の息子)
ギアを回転させるのが面白い!
自分が通った後他の人が通れないように回転させたりできるね。
トークンをたくさん集めるジャングルの方も、みんなでサルトークンを集める感じが普通のクランクとちょっと違ってて楽しいよ。

●自分
サル仕掛けトークンを集めまくるセットコレクション要素の強いジャングル面と、ギアのギミックでワイワイ楽しい神殿面、両方ともちょうど良い塩梅の拡張です。
すごく面白くなるというわけではないけど、基本をそのままに、ちょっとした味付け。
基本ゲームだとある程度勝ちパターンが決まってくるので、飽きる前にこの拡張で新鮮さを感じるべし!



総合評価

  • 拡張 総合評価:7
  • 原作への溶け込み感:7
  • 原作の弱点克服度:5
  • 蛇足感の少なさ:6
  • リプレイ性のアップ度:6
  • 拡張コンポーネントの魅力:8
  • 拡張を入れることによる戦術の広がり:7
  • 拡張を入れることによるワクワク感アップ:7

下記は拡張。
※拡張単体では遊べません。

下記は基本セット↓

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥7,800 (2024/02/22 06:06:12時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント