ディープ・ブルー(Deep Blue)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

仲間カードを集めて手札を強化し、船を移動させて潜水スポットに行き、潜ってお宝をGETするゲーム。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥4,818 (2024/02/21 23:39:00時点 Amazon調べ-詳細)
  • 各自、初期の仲間カード4枚をもつ。
    中央ボードには潜水スポットと、それらを繋ぐ船の道が描かれていて、そのスタートマスに各プレイヤー色の船駒を置区。
    シャッフル下仲間カード山札から4枚を中央ボードの横に並べたらゲームスタート。
  • 手番では、下記のいずれか1つを行う。
    • 「中央ボード横に並べられた仲間カードを1枚買う」
    • 「手札から仲間カードを出して、アイコンの数分中央ボードの自分の船を進める」
    • 「自分の船がある潜水スポットで潜る」
    • 「休憩して使用済みカードからランダムに3枚手札に戻す」
  • 点数を稼ぐメインアクションは、「潜水スポットで潜る」
    アクションを実行したプレイヤーが船長となり、同じマスに停まっていた全プレイヤーがみんなで潜る。
    船長は、色んな色の宝石の入ったら袋から宝石を1個取り出す。潜ったプレイヤー全員で宝石を確認し、取り出した宝石が手札にある仲間の得点化条件(赤い宝石が出たら4点など)を満たしていたら、その分足得点GET。
    青か黒の宝石が出たら、手札からそれに対応するカードを出せなければバーストとなり、そのプレイヤーはその時点でその潜水から抜ける。船長は自分のタイミングで潜水を終えてオッケー。
    潜水終了時まで残ったプレイヤーは、袋から出した宝石の色と数に応じた得点をGETできる。
    加えて、船長のみ潜水スポットに書かれた得点をGET。
    潜水スポットは一度潜ったら封鎖される。
  • 以上を繰り返し、指定の4つの潜水スポット全て潜ったらゲーム終了。
    総得点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白いね。青と黒の対策カードがないと潜水が難しいので、早めにとるのが大事!
運の要素も大きく、ルールが簡単だから子供とも遊べていい!

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!
ピンクの宝石を袋から引くとたくさん得点できるカードを持ってたから、頑張って引きまくったらたくさん得点できたよ!

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん、青と黒の強いカードをとったから、潜っても強かったんだよ!
このゲーム、めっちゃ楽しいね!

●自分
どの仲間カードを買うかの戦術性もありつつ、潜水は結局袋からの引き運というバランスが見事に調和していて楽しい!
戦術と運の絡みによる盛り上がり方はテーベの東に似てる。
仲間カードを増やしながら、休憩で手札に戻したりなどの手札管理はセンチュリースパイスロードのプレイ感に近い。

わかりやすいルール、仲間が増えていく楽しさ、ロマン溢れるテーマ設定、袋から宝石を取り出すドキドキ、など、面白さを噛み締められるポイントの多い、総合力の高い良作です。子供達もすごく気に入ってます。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成感:8
  • 攻撃性の低さ:8
  • 8歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:8
  • サメの顎ギュン男の戦闘力:355

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント