デモンワーカー(Demon Worker)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

完成度の高いワーカープレイスメントゲーム!
様々な悪魔を雇用して魔界の帝王を目指そう。

created by Rinker
Japanime Games
¥9,525 (2024/06/24 18:28:25時点 Amazon調べ-詳細)
  • 各プレイヤーは初期悪魔カード(ニンゲンカード)2枚を目の前に配置し、それぞれの上にワーカーコマを置く。
    その後、悪魔カードを6枚ずつ配り、ドラフトして初期手札を決める。
    また、目的カードを1枚受け取る。
  • 中央には11箇所の職場カードが配置されている。
    手番では、目の前の悪魔カードに置かれているワーカーを1つ選び、好きな職場カードの上に配置(派遣)する。
    悪魔カードごとに派遣するためのコストが異なる。
    また、派遣先の職場カードに既に置かれているワーカーがある場合、その数分追加で「食料」を支払う必要がある。
  • 職場の効果は下記など。
    レベルの高い職場はもらえるものも多いが、資源をコストとして支払う必要がある。
    • 「資源を獲得」
    • 「悪魔カードを手札から目の前に配置(カードごとに配置コストあり)」
    • 「悪魔カードを入手」
    • 「目的カードを入手」
    • 「勝利点を獲得」
  • 派遣できるワーカーがいなくなったらパス。
    全プレイヤーがパスしたらラウンド終了。
  • 5ラウンドが終了するとゲームが終了。
    「目の前に配置済みの悪魔カード」と「目的カード」の中で、書かれたコストを最後に支払えたものはそのカードに書かれた勝利点をGET。
    勝利点の多い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
これは面白いね。
どの悪魔カードをどのタイミングで出すのか計画していく感じが楽しい。

●ゆづ(8歳の娘)
面白かった!
どんどん仲間の悪魔が増えていって、やれることが増えるのが嬉しいね。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった~!!
宝石をたくさんもらえる悪魔カードがすごく強くて嬉しかった!

●自分
綺麗にまとまった完成度の高いザ・ワーカープレイスメントゲーム。

悪魔カードの種類の豊富さもわくわくさせてくれるし、プレイするカードの順番が上手くいくといい感じにコンボして拡大再生産になっていくのも心地良い。
最後の得点計算時に使う資源を集めるのが結構難しく、適度な息苦しさも与えてくれる。
どのタイミングで資源集めに走るかの見極めも大切で、一筋縄ではいかない難易度。

完璧にやりきることが難しいので、今度こそ!とリプレイ欲求も駆り立ててくれる良いゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:8
  • 備考:カード絵が独特でよい感じです

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント