富士-脱出-(Fuji)

・所要時間:30分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

プレイヤーは富士山の調査隊。
突如噴火した富士山から、みんなで協力して村まで脱出するゲーム!
1人も死亡せず村に脱出しよう。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥3,480 (2024/05/26 00:11:34時点 Amazon調べ-詳細)

<手番進行>

  • 全員同時に衝立の裏で複数(5~6個)のサイコロを振り、自分の出目を確認した上で、移動したい先のカードを選択。
  • カードにはサイコロの色・出目が書かれていて、自分のサイコロで該当する出目の数字の合計が、同条件で両隣のプレイヤーよりも大きければそのカードに進める。
  • 両隣のプレイヤーよりも出目の合計が小さかったり、大きくても少ししか差がなかった場合は、疲労ボードで疲労をUPさせる。
    一定以上披露すると死亡する。
  • みんなの移動が終わるとすぐに溶岩流が広がっていく。
    溶岩流は道・村カードの裏面に書かれていて、裏返しして溶岩流の広がりを表現している。
    溶岩流に追いつかれても死亡。

<勝利条件>

  • 全プレイヤーが村カードの上に到着すること。
    疲労の合計値が少ないほど点数は高い。

<このゲームの珍しい点>

  • 両隣のプレイヤーと「特定のサイコロの出目」の大小について相談するだけなのだが、数字に関わる言葉を発してはいけない縛りのため、意外と伝わらない。
    特のゲームシステム。
  • 「溶岩流からひたすら逃げて村を目指す」というシンプルな目的が醸し出す一体感はこのゲームならでは。



感想

2019年当時
●妻
レベル1は簡単だった。
結構面白いね。 
次は難しいレベルに挑戦しよう!

●自分
ルールがわかりやすいので、色んなメンバーを混ぜてもルール説明が楽な点は、協力ゲームとしてGOOD。

サイコロの出目についての話し合いが楽しく、笑いを誘う。
やれることがたくさんある協力ゲームだと仕切る人が必ず出てくるが、このゲームはシンプルゆえ、みんなで平等に話し合いができる。
全員がちゃんと参加できるのはポイントが高い。

レベル1だからこの評価だけど、相当な面白さを秘めていると感じる。
人数を増やしてやってみて、面白ければ評価を上げたい。



総合評価

・総合評価:6
・独創性:6
・わかりやすさ:7
・システム洗練度:6
・間延び感の低さ(起伏):6
・リプレイ性:6
・コンポーネントの魅力:6
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:6
・戦術の幅:5
・ドキドキわくわく感:6
・手番ごとの成長感:5
・攻撃性の低さ:7

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント