インサイダーゲーム(INSIDER GAME)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、いつでも何処でも遊べる、最高にCOOOLなパーティーゲームです。

オインク製のカッコイイパッケージ。
難易度を上げ、ルールを微調整したブラックバージョンも発売されていて、俺はもちろん両方持ってます(笑)

このゲームを最初に遊んだ時は、斬新なつ盛り上がるルールに衝撃を受けたものです。

インサイダーゲーム(INSIDER GAME)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

お題当てゲームをしつつ、1人だけ答えを知っているインサイダーを見つけ出す正体隠匿系ゲーム。

  • 役割タイルをシャッフルして配、各プレイヤーは自分だけで確認。
    役割は、マスター(答えを知る出題者)、インサイダー(答えを知っているが知らないふりをする人)、庶民(それ以外のプレイヤー全員)。
  • マスターの人は挙手し、以降場を仕切る。
  • マスターは全員に目をつぶらせ、自分だけお題カードの山札からお題カードを1枚めくってお題を確認。
  • お題カードを確認後、マスターも目をつぶり、インサイダーだけこっそり目を開けてお題カードを確認する時間を与える。
  • インサイダーも目を閉じたら、マスターはお題カードを伏せて、全員に目を開けるように伝え、ゲームスタート。
  • ゲームは、お題当てフェイズ → 議論フェイズ → 正解者審判フェイズ → 投票フェイズ の順に進む。
  • お題当てフェイズは、お題の答えを全員で当てに行くフェイズ。
    マスター以外の全プレイヤーは、マスターがYes-Noで答えられる質問を出し、マスターはそれに答えていく。
    マスターはYes-Noか「わかりません」以外は発言できない。
    無事答えがあたれば前半クリアとなり後半フェイズへ。
    あたらなければ全員アウトでゲーム終了。
  • 議論フェイズでは、前半フェイズの質問の怪しさから、インサイダーを見つけるフェイズ。
    マスターも自由に発言して良い。
    決められた時間、「あの質問は唐突だったよねー?」など議論をする。
  • 正解者審判フェイズでは、答えを最終的に当てた正解者がインサイダーだと思う人が挙手する。
  • 過半数が挙手したら、正解者は役割カードをオープン。
    正解者がインサイダーだったら庶民&マスターの勝ちで、違っていたらインサイダーの一人勝ち。
  • 挙手が半数以下だったら、正解者は役割カードをオープン。
    正解者が庶民なら投票フェイズへ。
    正解者がインサイダーだったらインサイダーの勝ち。
  • 投票フェイズでは、インサイダーだと思う人を全員で一斉に指差す。
    最多票の人は役割カードをオープン。
  • 最多票の人は役割カードを公開して、インサイダーなら庶民&マスターの勝ち、違っていたらインサイダーの一人勝ち。



感想

●妻
面白いねー。
ヒロさんの挙動が常に怪しいから、いつもヒロさんをインサイダーだと思っちゃうわ。
ヨタくんがインサイダーの時に、ごまかしきれずにソワソワしてる感じが最高に可愛かった。

●ゆづ(10歳の娘)
わたし、なぜか5回連続インサイダーだったよ!
いつもパパが疑われてるから、ほとんど勝てて良かった(笑)
インサイダーだとバレないようにヒントを出すの、かなり頭を使うね!

●ヨタくん(6歳の息子)
ヨタくん、インサイダーになるの嫌なんだよね。
パパとママにすぐバレて負けるんだもん。
ばれないようにヒントを出すの、難しいよね!
でも楽しいからまたやりたい!

●自分
楽しいです。
凄く斬新で良いルールですよね。
しかしながら、システムの構造的に2つの弱点があります。
それは下記です。

  • 弱点1:
    お題当てフェイズで質問を頑張りまくると、頑張った人(庶民)が疑われて、庶民チームが負けやすくなる。
    その結果、庶民はあまり質問しなくなり、合わせてインサイダーも質問しなくなっていく。
    ※家族で遊ぶと俺がこの状態です(笑)
  • 弱点2:
    お題当てフェイズで不正解になってもペナルティはないため、インサイダーの人が勝つためにあまり質問をしない。
    ※勝ち負けに強く拘る人がインサイダーになると発生しがちです。

これらの弱点に対し、ブラックバージョンでは、下記の2つを追加したことで、、1つ目の弱点を見事に克服しています。

  • 新たな役職「フォロワー(インサイダーが勝てば勝ち)」
  • 新たなルール「答えを当てた人がインサイダーだと採決されたら、答えを当てた人も一緒に勝ちになる」

2つ目の弱点については、下記などの工夫をすることで、インサイダーの逃げ流しを減らすことができますので、お勧め。

  • お題当てフェイズで不正化になったら、全員に何かしらのペナルティを課す。(腕立て伏せ など)
  • インサイダーが勝ったらポイント2倍にする。

上記を克服したインサイダーゲームはもはや最凶ランクのパーティーゲームと言っても過言ではないでしょう。

遊んだことのない人は、ぜひレッツプレイ!



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 10歳児と本気で遊べる度:8
  • 6歳児も楽しそう度:7

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント