マフィアNo.5(MAFIA No.5)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

シンプルで遊びやすいバッティングゲーム!
みんなでワイワイ楽しく遊ぼう。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥2,433 (2024/02/21 09:45:30時点 Amazon調べ-詳細)
  • 毎ラウンドごとに手札から何枚かのカードをマーケット(場の中央)と自分のオフィス(自分の前)に置きます。
    マーケットとオフィスにある同じ色のカードの得点をそれぞれ掛けた点数が毎ラウンド入ります。
  • カードは5色あり、それぞれ「スゴウデ(2点分)、フツウ(1点分)、マヌケ(フツウかスゴウデを1枚一緒に捨てる)」の3種類が複数枚で構成。
  • 全てのカードをシャッフルして各プレイヤーに7枚ずつ配布。
    残りは山札として中央に設置。
    山札から2枚カードをめくり表にして並べたらゲームスタート。
  • 全5ラウンド構成。
    各ラウンドでは、まず全プレイヤー一斉に、「中央の場にカード2枚」「自分の前にカード1枚(2・4ラウンドは2枚)」を伏せて配置。
    全員が配置し終わったら一斉にオープン。
    中央の場に公開されたカードを色ごとに分けて、マヌケカードがあったらフツウカード(フツウカードがなければスゴウデカード)を一緒に除去。
    その後、色ごとにカードの点数を合計し、その結果6以上になったカードがあったら全て捨て札にし、それと同じ色を自分の前にオープンしているプレイヤーもそれらのカードを全て捨て札に。
    各プレイヤーは、残った中央のカードの「各色の合計数」×「自分の前にあるそれと同色の枚数」を得点として得点チップをGET。
  • 得点処理後、自分の目の間のカードが4色以上になっているプレイヤーは3色のみ残して残りの色は全て捨て札にし、手札が7枚になるように山札から補充。
    最後に、カードを目の前に1番多く置いてあるプレイヤー「以外」の全プレイヤーは、「次のラウンドで自分の前における枚数が1枚増えるトークン」をGET。
  • 以上を5ラウンド繰り返し、得点の合計が最も高い人が勝ち。



感想

2021年当時
●妻
カード絵の見た目がかなり嫌だったけど、ゲーム自体は結構面白いね!
なんでこんな絵にするんだろう。

●ゆづ(8歳の娘)
カードの絵が気持ち悪いけど、ゲームはわかりやすくて楽しかった!
私結構得意かも!

●ヨタくん(5歳の息子)
楽しかった!
みんなが何を出すかわからなくてドキドキするね!

●自分
中央の場の合計値が多い色のカードを自分の前に置きたいけど、考えることはみんな一緒なので、突然その色を捨てる羽目になったり、、、結構ジレンマがあります。
みんながどれを出すかなどは手札次第なのでそこまで読み切れず、カード運に左右されることが多いですね。

戦術性よりも運の要素が多い、みんなでワイワイ遊ぶパーティーゲームです。
気軽にサクッと遊べて、結構盛り上がるので、また時々遊びたいです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:4
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 5歳児も楽しそう度:8

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント