パール/真珠の首飾り(Pearls)

・所要時間:20分
・今回の人数:2人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

同じ真珠のカードを集めて得点化するカードゲーム!

  • 真珠カードは1,1,2,2,3,5の数字が書かれたもの(1と2は2色ある)とジョーカー的役割の0の、合計7種類。
  • 中央には6枚の真珠カードが表向きで配置されている。
    ボーナス的なネックレスカード(4~8いずれかの数字が記載)
  • 手番では、真珠カードを取るか、真珠カードをプレイするかを行う。
  • 真珠カードを取る際は、同じ色・数字のカードは全てとる必要がある。
    ただし、手札は10枚を越えて持つことができず、超えるようなカードの取り方はできない。
  • 手札の真珠カードをプレイする際は、好きな枚数一度にプレイできる。
    プレイしたカードは裏向きにして手元に置き、最終的に数字が得点となる。
    また、4枚以上同時に出した場合は、中央に残っている限りその枚数と等しい数字のネックレスカードももらえる。
    ネックレスカードも最終的に書かれている数字が得点となる。
  • 中央のネックレスカードがなくなるか、山札の真珠カードが尽きたらゲーム終了。
    プレイして自分の前に裏返している真珠カードと、もらったネックレスカードに書かれた全数字を合計し、手札として残してしまったカードの数字をマイナスし、得点が最も高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
シンプルですごい面白いゲームだと思う。
ネックレスカードをちゃんととらないと勝てないね。

●ゆづ(7歳の娘)
すごい好き!
簡単にネックレスとれるし、楽しい。

●ヨタくん(3歳の娘)
あんまり好きじゃない。
勝てないもん。

●自分
わかりやすいルールだけど奥深くて好きなカードゲームです。
すごく気軽にやれて疲れないのがGOOD。

手札上限10枚の縛りがよく効いていて、ある程度狙い絞ってカードをとらないとすぐ上限に達して中央からカードをとれなくなってしまう。
このジレンマが良い。

数字は低いが枚数が多いので集めやすく、ボーナスネックレスをとりやすい「1」をとるのか、集めにくいが単体でも点数の高い3や5を狙うのかで悩む。

ラマスカルキングアブルクセン、愚かな牛と並んで、我が家の【好きなゲーム】に入ります。
これらはいずれもトランプの大富豪に並ぶ面白さ、飽きなさがあると思います。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:9
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • カードの真珠の絵が美しい:9
  • 5をとれた時の快感:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント