メナラ (Menara)

・所要時間:45分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

カードの指示に従って柱駒と床板を積み上げていく協力ゲーム。

  • 中央に土台タイル3つを組み合わせて配置。
    共通ストックに6本の柱コマを入れる。
    難易度に合わせて階層カードを並べる&各プレイヤーに柱コマを配る。
    難易度「普通」で4人プレイの場合は、階層カード4枚、各プレイヤーの柱コマは4本。
  • 手番では、まず手札の柱コマを共通ストックの柱コマと好きなだけ交換。
    その後、中央の建築計画カードの山札から1枚を公開。
    公開された建築計画カードにしたが、柱コマを土台タイル・床板の上に配置・移動したり、床板を柱コマの上に乗せたりする。
    土台・床板にはいくつかのマスがあり、何色の柱コマを置くか指定されている。
    無事指示通りにできたらそのカードを捨てるが、できなかったらそのカードを裏向きにして階層カードの隣に加え、達成条件の階層が1段階上がってしまう。
    処理後、使った分の柱コマを柱コマの入った袋からランダムに引いて手番終了。
  • 上記を順番に繰り返し、ある床板に書かれたマス全てが埋まった場合、その上に床板を追加できる。
    床板を乗せたくない場合は土台として既にある土台につなげてもいいが、そうした場合階層カードを1枚追加することになる。
  • 途中で床板が落下したら敗北でゲーム終了。
  • 「石柱の補充ができなくなった」「建設計画カードがなくなった」「床板をすべて置いた」のいずれかになるとゲームが終了し、その時点で勝利条件の階層まで到達していたら勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白かった。
かなりの難易度の高さで達成できる気がしないなぁ。
協力っていうのがいいよね。

●ゆづ(8歳の娘)
途中で壊しちゃいそうで手が震えて怖かった。

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん、崩れそうで怖くて途中で逃げちゃった。

自分
珍しい完全協力型の積み上げゲーム。
カラフルな柱が美しく、積みあがっていく感じがとても素敵で迫力があります。それだけでも達成感を感じられるほど。

途中で指定の回数まで到達しても、ゲーム終了条件を満たすまで続けないといけないのでかなり難易度が高い。ハードの達成度とかやばい。

ギャーギャーいいながらみんなで声を掛け合って積み上げていくのはとても楽しい。でも、子供たちは大きなものを崩しちゃうのが本気で怖いらしく、かなりびびりまくってました。

本気で集中プレイしてゲーム終了までやると、かなりプレイ時間が長くなるので、達成感よりも間延び感が勝りそうな気がする。いけるところまで積み上げて、途中で派手に壊れるくらいの方がちょうど良いかも。

ワイワイやりながらガシャンと壊してみんなで笑って楽しむゲームと思えば、最高に楽しいパーティーゲームです。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:10
  • 8歳児と本気で遊べる度:6
  • 4歳児も楽しそう度:2
  • 備考:積み上げた時の見た目の豪華さ:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント