ごきぶりキング (Kakerlakenpoker Royal)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

心理戦ゲームが大好きです。
我が家においても唯一と言っていいほど俺の勝率が高い 笑

二人対戦のシノミリア、アールライバルズ、ガイスターや、大人数での駆け引きのブラフ、あやつり人形、ゼノ、ババンクなどなど、全部好きです。
もちろんごきぶりポーカーも!

今日ご紹介するゲームは、ごきぶりポーカーに要素を追加したパワーアップ版です。

ごきぶりキング (Kakerlakenpoker Royal)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

生物カードを押し付け合い、できるだけ獲得しないよう心理的駆け引きをするカードゲーム

<準備>

  • カードは7種類の生物カードと、特殊カード2枚。生物カードにはそれぞれ1枚ずつ王冠を被ったキングがいる。
  • カードをシャッフルし、7枚を引いてキング獲得時のペナルティ用山札にして中央に配置し、一番上だけ表向きに。
  • 残ったカードを各プレイヤーに均等に配りきり、余りはペナルティ用山札の下に加える。

<ゲームの進行>

  • 手番では、手札からカードを1枚選び、他プレイヤー一人の目の前に裏向きで配置し、「生物の名前」か「キング」を宣言。
    本当でも嘘でもOK。
  • カードを目の前に配置されたプレイヤーは、「宣言が本当か嘘かを表明してオープンする」か、「カードの表をこっそり見て、他のプレイヤーに対してそのカードを転送して宣言する」のどちらか。
  • オープンして、表明(本当か嘘か)が合っていたら、カードを配置したプレイヤーがそのカードを獲得しなくてはならない。
  • 特殊カードとして、「キング以外全ての宣言が本当になるカード」と「全ての宣言が嘘になるカード」があり、これらを獲得した場合は手札に加えて、手札から宣言された生物カードを獲得する。
    手札に宣言されたカードがなければ、手札から2枚獲得しなくてはならない。
  • キングを獲得してしまったら、ペナルティ用山札の表向きなっているカードも追加で獲得しなくてはならない。
  • オープンして、表明が間違っていたら、カードを配置されたプレイヤーがそのカードを獲得しなくてはならない。
  • 他プレイヤーに転送する場合は、改めてそのカードが何かを宣言しながら、まだこのターンで手番が来ていないプレイヤーの目の前に配置。
  • 誰かがカードを獲得したら、カードを獲得してしまったプレイヤーから次のターンをスタート。
  • 同じ種類の生物を4枚獲得してしまったプレイヤーが出るか、か手札のカードがなくなったプレイヤーが出たらそのプレイヤーの敗北でゲーム終了。



感想

●妻
面白いけど、やっぱりちょっと苦手。
なんか押し付ける感じがどうもなぁ。
システムは楽しいんだけど、好みじゃない。

●ゆづ(9歳の娘)
面白いと思う。
嘘かホントかわかんなくて悩むね。
どうやったら勝てるのかわかんないなぁ。

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ好き!!
何回でも遊びたい!
パパにカメムシたくさんとらせて楽しかった!

●自分
名作ゴキブリポーカーのアレンジ。
キングと特殊カード2枚が良い味出してますね。
相変わらず独特で良いゲーム!

最初は嘘かホントか当てるのに運の要素が強めだけど、終盤は敗北条件の4枚目をとらせるために色々頭を使うので、戦術的心理戦になって盛り上がります。
「あえてここでキングと言うのは何故か」とか考え出してドツボにハマっていくのがたまらない!

心理系パーティゲームの快作ですなぁ。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:5
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 6歳児も楽しそう度:9

★名作「ごきぶりポーカー」もめちゃ楽しいです!↓

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



コメント