ゴーゲッコゴー! (Go Gecko Go!)

・所要時間:30分
・今回の人数:3人(俺、妻、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

「ワニ・カメ・カエル・トカゲ」によるチーム対抗水泳大会レースゲーム。

<準備>

  • 中央ボードの4つの川(水泳コース)に葉っぱタイルを差し込んで完全に埋める。2枚余るので共通ストックへ。
  • 中央ボードの途中2か所に、4種の高さの橋から2つを選んで配置。
  • プレイヤーごとに「ワニ・カメ・カエル・トカゲ」を受け取り、中央ボードのスタート地点に配置。

<ゲームの進行>

  • 手番では、まず「橋の直前に自分の駒がないかチェック」
    • あった場合 → 「タイルを1マス分差し込んで橋を通過させる」か「ダイスアクションで駒を1つ進める」
    • なかった場合 → 「ダイスアクションで駒を1つ進める」
      ※タイル差し込みアクションでしか駒が橋を越えることはできない。
      ※タイルを1マス分差し込んで進めた結果、駒が高く積み上がりすぎて落ちてしまったら、落ちてしまった駒は橋直前のマスに残る。 
  • ダイスアクションを行う場合は、「天候ダイスを振る」「カラーダイス2個を振る」の順で実行。
    • 天候ダイスを振った結果、
      • お日様の出目
        → 全プレイヤーの日陰にいるコマが全て1マスずつ進む。その後カラーダイスを2個振る。
      • 虹の出目
        → この後カラーダイスを2個振ったら、好きな色1つ分としてカウントできる。
      • 雷の出目 
        → 自分の駒を1つ選んで、1つ前に進んでいる駒のすぐ後ろまで進める。
        進めた場合はカラーダイスは振れないが、進まなければカラーダイスを2個振れる。
    • カラーダイスを2個振ったら、出目(色)を1つ選び、その色の個数分(1or2マス)、その色の駒を進める。
    • 天候ダイスで虹の出目を出していた場合は、今回進める駒の1個数分としてカウント。
  • ダイスアクションで駒を進めた結果、他の駒と同じマスに入った場合は背中に乗っかる。(積まれる)
  • 「上に駒が乗っている」駒は、乗っている駒が自分より小さい場合はダイス移動の際にまとめて進めるが、自分より大きな駒が乗っている場合は動くことができない。
  • 4つの駒全てをゴールさせた人の勝ち。



感想

●妻
子供向けの簡単な運ゲーかと思ったら、結構選択肢もあって悩ましく、楽しかった!

●ヨタくん(5歳の息子)
めっちゃ楽しい! すごい好き! 橋にぶつからないように進めると嬉しいよね!

●自分
ダイスを使ったレースに「駒が乗っかると一度に進める」「橋はタイルを差し込むことでしか通過できない」という2つの要素が加わることで、選択肢や展開に幅がもたらされてます。
最初リードしていても、ダイスの出目や、選択次第では途中で逆転することも十分可能で、レースゲームとしても盛り上がります。

差込タイル・橋などのギミックや駒も可愛らしく、全体的にボードゲームの楽しさが凝縮された良い作品です。

総合評価

・総合評価:7
・独創性:8
・わかりやすさ:8
・システム洗練度:7
・間延び感の低さ(起伏):6
・リプレイ性:8
・コンポーネントの魅力:9
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:6
・戦術の幅:7
・ドキドキわくわく感:6
・手番ごとの成長感:7
・攻撃性の低さ:7
・5歳児も楽しそう度:10
・備考:面白いレースゲームって、すごく盛り上がりますよね。


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント