ニューイングランド (New England)

・所要時間:60分
・今回の人数:3人(俺、妻、ゆづ)

ゲーム概要

ニューイングランドを開拓するゲーム!
正方形のマスで区切られた中央ボードにタイルやコマを配置していこう。

created by Rinker
GatePlay
¥27,083 (2024/05/25 19:16:35時点 Amazon調べ-詳細)
  • ボードの上側と右側は海になっている。
  • 各プレイヤー、2マス分のスタートタイルを3種類(茶、黒、緑)持っていて、手番と逆回りで1枚ずつ全て初期配置したらゲームスタート。
  • 手番プレイヤーは、そのラウンドで使用する土地タイルを3~6枚宣言し、袋から引く。
    その後、発展カードを土地タイルと合わせて9枚になるよう並べる。
    土地が3枚なら発展カードは6枚、土地が6枚なら発展カードは3枚。
  • 手番プレイヤーから順番で、1~10の競りタイルを1枚ずつとっていく。
    この競りタイルがこのラウンドで各プレイヤーが土地タイル・発展カードを1枚購入する単価になる。
    競りタイルの金額の高いプレイヤーから順番に土地・発展カードを0~2枚購入する。
  • 土地タイルを購入したら、中央ボード上で、同じ種類の自分のスタートタイルや配置済の土地タイルに隣接するように未開発(裏)向けに配置する。
    ただし、他プレイヤーの同種のタイルとつながるように置くのはNG。
  • 発展カードには「得点化カード」「船カード」「清教徒カード」「倉庫カード」がある。
    • 「得点化カード」には、土地の種類とタイル配置の形と得点が書かれていて、指定の種類・形のタイルが中央ボードに未開発(裏向き)のまま置かれていたら、それを開発して(表向きにして)その得点カードを購入できる。
    • 「船カード」(1点分)を購入したら、海に隣接する自分の未開発のタイル上に船コマを1つ置ける。
      以後自分の手番で船を他プレイヤーよりも多く持っていた場合、追加で土地タイルか発展カードを1枚追加できる。
    • 「清教徒カード」(1点分)を購入したら、自分の未開発の土地タイル上に清教徒コマを1つ置ける。
      清教徒1つにつき、ラウンド終了時にもらえるコインが1つ増える。
    • 「倉庫カード」(1点分)を購入したら、自分の未開発の土地タイル上に倉庫コマを1つ置ける。
      倉庫1つにつき、その時点では達成できない得点化カードを1枚購入しておくことができる。
  • 全プレイヤーの購入が終わったら各プライヤー4コインをもらう。(清教徒1つにつき+1コイン) 
    その後手番プレイヤーを時計回りで後退し、次のラウンドへ。
  • 各ラウンドの最初の土地タイル・発展カードの補充でどちらかが足りなくなったら即ゲーム終了。
  • 清教徒カードを最も多く持っているプレイヤーは4勝利点、倉庫カードを最も多く持っているプレイヤーは3勝利点、船カードを最も多く持っていると2勝利点をボーナスでもらえる。
    これらのボーナスと獲得した発展カードの得点を合計し、最も得点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
シンプルだけど切れ味が鋭くて良いゲームだね!
いくらで競り落とすのかで物凄く悩む。。。

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!
欲しいタイルとかカードをもらいたくてもコインが少ないと先に取られちゃったり、高いお金を払い過ぎちゃうとその後コインが足りなくて苦しくなったり、難しいね!

●自分
シンプルな競りとわかりやすいタイル配置ルール&得点化システムながら、1手番1手番が非常に悩ましく楽しいゲームです。
清教徒コマや船コマなどの特殊効果もいいスパイスになってます。

他プレイヤーと同種のタイルで隣接できない縛りによって陣取り要素も強いため、土地タイルを定期的にとって中央ボードに置いていかないとどんどん置きにくくなる苦しさもGOOD。

競りもタイル配置もよくあるシステムなのに、独特のオリジナリティを感じさせてくれる秀作です。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 備考:欲しいタイルを安く購入できた時の嬉しさ:10

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント