カクタスタウン(Cactus Town)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、非対象ゲーム「カクタス」です。

非対称ゲームはとにかくリプレイ性が高いのがメリット
一方で、異なる役割を全て覚えてインタラクションをしないといけないというデメリットを抱えてますよね。

このカクタスは、非対称ゲームの中でも割とシンプルで遊びやすいナイスゲームです。

カクタスタウン(Cactus Town)

created by Rinker
アソビション(Asobition)
¥3,091 (2024/05/26 05:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 盗賊、保安官、賞金稼ぎ、カンカンダンサーのいずれかの役割を担い、それぞれの目的を果たすべく行動する非対称型ゲーム。
    • 盗賊は、財宝を集めて逃亡するのが目的。
    • 保安官は、盗賊を2人捕まえるのが目的。
    • 賞金稼ぎは、盗賊を1人捕まえて馬を2匹盗むのが目的。
    • カンカンダンサーは、2つの街で借金を返し、3回決闘に勝つのが目的。
  • 全ての建物カードをシャッフルし、伏せて5×5になるよう中央に並べる。(これがカクタスタウン)
  • 各プレイヤーは役割に応じて、固有のコマと4枚のアクションカード、目的場所カードをもらい、コマを初期配置したらゲームスタート。
  • 各ラウンドでは、全プレイヤー同時に4枚のカードから3枚をアクションしたい順に伏せて目の前に並べ、残った一枚を戦闘補助ように90度に倒して3枚の一番右に配置。
  • 全員がプロットしたら、スタートプレイヤーが一番左のカードをオープンし、書かれているアクションから1つを選択・実行。
  • カードによって下記のうち1or複数のアクションが書かれている。
    • カード1枚分縦横に移動して1枚オープン
    • カード1毎分縦横に移動(カードはオープンしない)
    • 同じ場所にいる相手と戦闘(お互いダイスを振って、出目+伏せたカードの数値 で対決)
  • これに加えて、下記のような役割ごとの固有アクションが書かれている。
    • 同じ場所にいるダウンしている相手を捕まえる
    • 目的場所カードと一致する場所の財宝や馬を盗む
    • ダウンしているコマを復活させる  など
  • アクションが終わると手番順で次のプレイヤーが同様に一番左のカードをオープンしてアクションを選択・実行。
    全プレイヤーが1枚ずつアクションしたら左から2番目のカード、3番目のカードと繰り返し、3枚のアクションを完了したらラウンド終了。
    カードを全て手札に回収し、次のラウンドへ。
    スタートプレイヤーは次の手番順のプレイヤーに交代。
  • いずれかのプレイヤーが役割に応じた目的を果たしたらそのターンでゲーム終了。



感想

●妻
楽しいね!
アクションをプロットするので、相手の行動を予測しないといけないのが面白い。
予測と違う動きをされて意外な展開になると笑えるし、盛り上がるね。

ゆづ(10歳の娘)
楽しい!
役割ごとに違う楽しさがあるね!

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しかった!
盗賊はドキドキしていいけど、賞金稼ぎがちょっと難しかったかな。

●自分
西部劇的世界でカードをプロットしてアクションをする感じがコルトエクスプレスに似てますね。
役割ごとに目的が全く違うものの、同じく非対称ゲームの「ルート」などと比較しても「インタラクション前提の目的」がよく効いているため、他プレイヤーの動向をめっちゃ気にしながら遊ぶ感じがパーティーゲームとしてGOOD。

目的に対してリーチになったプレイヤーが複数いると、最終局面で非常に盛り上がります。
終始ワクワクできる楽しいゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 10歳児と本気で遊べる度:8
  • 6歳児も楽しそう度:8

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント