オダノブなんだっけ?(Odanobu Nandakke)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

ノブナガ役のプレイヤーが思い浮かべたものを、他プレイヤー全員で当てにいくコミュニケーションゲーム!

created by Rinker
マッチダンディズム
¥2,840 (2022/12/08 19:41:18時点 Amazon調べ-詳細)
  • ノブナガ役のプレイヤーは、「動物」「食べ物」「スポーツ」などのカテゴリーカードを1つ選ぶ。
    「外箱の裏に、思い浮かべたキーワード(答え)」と、「言われたら逆鱗に触れて強制終了となるキーワード」を秘密裏に記入し、「アレって、なんだっけ?」と宣言してゲームスタート。
  • 他プレイヤーは、「恐れながら・・・」と手を挙げ、ノブナガに質問をする。
    短気なノブナガがブチ切れる前に成果を言えたらノブナガ役以外のプレイヤーの勝ち。
  • 他プレイヤーが質問する度に、イライラゲージを1上げる。
    失礼な発言をしたらさらに1上げる。
    外国語を話したらイライラゲージを5上げる。
    面白い発言をしたら-1する。
    逆鱗ワードを発言したら一気に10上げる。
    イライラゲージが10になったら強制終了。
  • イライラゲージが10に達して終了した際、他プレイヤーがこのラウンドが適正だったか判断。
    ノブナガが適切な判断をしていたと思えば「仰せのままにカード」を、明らかに理不尽だったら「本能寺カード」を出す。誰か1人でも「仰せのままにカード」を出していたら、ノブナガの勝ち。



感想

2019年当時
●妻
まぁまぁ面白い。
子供たちが楽しんでるから良いね!

●ゆづ(7歳の娘)
めちゃ楽しい!
質問して当てると嬉しいね!

●ヨタくん(4歳の息子)
すごい楽しい!
ヨタくん、ママのアナと雪を当てたんだよ!

●自分
すっごくくだらないけど、すっごく笑える良いゲーム。
誰か一人が頭の中で考えたことを質問しまくって当てるだけなんだけど、かなり面白い。

言葉遣いも「恐れ入れますが」「許す、申してみよ」がルール化されていて、楽しさの演出としてGOOD。
パーティーゲームとしてみんなでゆるくわいわいやるのに重宝しそうなゲームです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:5
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):4
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:4
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:9
  • 備考:ほっこり遊びたい時に相応しいほどよい緩さ
created by Rinker
マッチダンディズム
¥2,840 (2022/12/08 19:41:18時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント