ペーパーテイルズ(Paper Tales)

こんにちは! ヒロです。
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

★今までの人気記事はこちらから

今日ご紹介するボードゲームは、ブースタードラフト系国産人気ゲーム「ヴォーパルス」のリメイク作品です。

面白さは折り紙つきです。
レッツプレイ!



ペーパーテイルズ(Paper Tales)

created by Rinker
Engames
¥4,950 (2024/06/24 16:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:30分
・プレイ人数: 2人〜5人

ブースタードラフトでカードを集めて、戦争したら建築したりし、勝利点を稼ぐゲーム。

各プレイヤーに、5種の建物カードと初期資金3金を配布したらゲームスタート。

毎ラウンド、ユニットカードの山札から5枚のユニットカードを配布。配布されたカードをブースター部ドラフトしていき、5枚の手札を完成させる。

各プレイヤーは、手札を自分の目の前に配置する。
配置は、前衛2枚と後衛2枚数。
各カードには配置コストがあるので、配置時に支払う。

戦争フェイズでは、両隣のプレイヤーと前衛の戦力を比較して、同点以上なら勝利となり、1勝利ごとに3勝利点を獲得。

収入フェイズでは、配置済みのユニットカードと建物カードに記載されている分の金を獲得。

建築フェイズでは、保有する未配置の建物を建てるか、配置済みの建物をアップグレード(裏向きに)できる。
建物の配置・アップグレードには、建物カードに書かれてる資源を保有していたり、金を支払ったりする必要がある。
資源は配置済みのユニットカード・建物カードに記載があれば保有していると見做される。

ラウンドの最後に、 経年カウンターが置かれている配置済みユニットカードは取り除かれ、残ったカードに経年カウンターが置かれる。

ラウンドを繰り返し、4ラウンド終了時にゲーム終了。

ゲーム中に獲得した勝利点に、ユニットカードや建物カードの勝利点を合計し、総得点の高い人の勝ち。

●妻
ブースタードラフトって、やっぱり面白いよね。
良いカードが集まった時、泣く泣く選ばなかったけど2週目で欲しいカードが残っていた時、すごく嬉しいんだよー。
4ラウンドあっという間に終わってしまうので、逆に何度もやりたくなっちゃう。

●ヨタくん(8歳の息子)
面白かった!
ヨタくん、カードの効果を研究するのが大好きだから好きなゲームだよ。

●自分
収入を得てユニットカードを配置し、高めた軍事力で勝利点を稼いだり、ユニットカードの産み出す資源で建物を建て、さらにパワーアップさせていく全体の流れがとても分かりやすく、すぐにゲームに埋没できます。

経年カウンターのシステムが秀逸で、どんなに強いカードでも3ラウンド以上は原則存在できない。
これにより、プレイヤー間の戦力さがラウンドで切り替わったりするのが面白い。
また、前衛と後衛のシステムもよいジレンマを与えてくれる。

細かなところも緻密に設計されていて、バランスの取れた、遊びやすい好ゲームです。



  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
created by Rinker
Engames
¥4,950 (2024/06/24 16:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント