シャークインパクト (Shark Impact)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

ババ抜き的に、もらっちゃいけないカードを回し合うゲームって楽しいですよね。
爆弾爆発系ゲームや、「犯人は踊る」なんかもその亜種で最高に盛り上がります。

今日ご紹介するゲームは、残虐なサメカードを回し合うワーキャー系パーティーカードゲームです。



シャークインパクト (Shark Impact)

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥2,372 (2024/05/25 12:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

サメホラー映画『シャークインパクト』の登場人物となり、サメの襲撃から生き延びることを目指すカードゲーム。

<準備>

  • 人数に応じた枚数のカードを用意し、各プレイヤーに指定の枚数を配布し、山札を作成。
  • 山札の中に4枚の終了フラグカードを混ぜ入れる。

<ゲームの進行>

  • サメカードを持っている人が「サメだー!」と宣言してスタートプレイヤーになり、スタート。
  • 手番では、カードを1枚プレイし、2山カードに書かれたアクションを実施し、札から1枚引いて補充。(手札ほ常に4枚に)
  • アクションは下記のような種類がある。
    • サメを持っている人に手を挙げさせる
    • 全員手札から1枚を隣の人に渡す
    • 誰か一人を指名して手札を1枚ずつ交換し合う
    • 2人を指名し、手札を全て交換させる
    • 全員からカードを1枚ずつ集めてシャッフルし、再配布する。
  • 山札からカードを補充した際に「終了フラグカード」が出たら、脇に避けて置き、追加でもう1枚山札から引く。
    この「終了フラグカード」が4枚出た瞬間にゲーム終了。
  • ゲーム終了時点で手札にサメカードを持っているプレイヤーは全員敗北。
    生き残ったプレイヤーは全員勝ち。

感想

●妻
まぁ面白いんじゃないかな。
サメが手札に来た時に騒ぐシステムや、みんなからいらない札を集めて再配布するカードなど、ワイワイてまきる要素が多いパーティーゲームだね。

●ゆづ(9歳の娘)
うーん。サメが怖いなぁ。
ドキドキするけど運ゲーっぽい感じが強すぎる気がする。

●ヨタくん(6歳の息子)
楽しいけど、負けるからちょっとなぁ。
レーザーのサメとかは防ぎようがなくて嫌だった。

●自分
犯人は踊る的プレイ感のパーティー系カードゲームですね。

サメカードが複数枚入っているので、基本的にガンガン回ってくるパニック感が独特。
「サメカードを持たずに終わる」が基本的な勝ち方なので、カードを他の人に押し付けたり引かせたりする要素が多く、ゲーム前半から中盤はサメが来ててもどうせ動くので若干間延び感がありました。

終盤のいつ終わるかわからない状況になってからが本格的に楽しく、いかにしてサメから逃れるかみんなが真剣わーきゃー言いながらプレイするのが楽しかったです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5
  • 9歳児と本気で遊べる度:7
  • 6歳児も楽しそう度:6

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント