ごきぶりデュエル (Kakerlaken Duell)

・所要時間:15分
・今回の人数: 2人(俺、妻、ゆづ 順番に対戦)

ゲーム概要

  • 4つのタイルのうち1つが×タイル。これを対戦相手に引かせて、ゴキブリを自分の陣地に引き寄せよう。
  • 中央に4つのゴキブリを設置。
  • 手番では、4つのタイルを裏向きで並べ、対戦相手に1つ引いてもらう。
  • そのタイルが○タイルなら、そのライン上のゴキブリが対戦相手側に1マス進んでしまう。
  • ×タイルを引かせることができたらまだオープンしてないタイルのライン上のゴキブリを自分側に1マス進められる。
  • 手番が交代したら、相手の仕込んだ4つのタイルの中から1枚引く。
  • 〇タイルならそのライ×ン上のゴキブリを自分側に引き寄せられる。
  • ×を引いてしまったら、まだオープンしてないタイルのライン上のゴキブリは全て相手側に1マス進んでしまう。
  • これを繰り返し、どれか1つのゴキブリが自分側の最後のマスに入った方が勝利。



感想

2019年当時
●妻
ザ・心理ゲームだね。勝てる気がしない。けど、面白いね!

●ゆづ(7歳の娘)
楽しい!なんでパパは×おいた場所わかるの?

●自分
ど真ん中の心理ゲーム。メンタリストDAIGOのカード宛てゲームと似たゲーム。

相手の表情や癖を読み、言葉で誘導して狙った場所に×タイルを置くようにしむけたり、表情の変化で×タイルの場所を当てたりする。これがずばり当たるととても気持ちいい!

タイルの質感が上等で、何か高貴な遊びをしている気持ちにさせてくれる。

総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:4
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:5
  • ゴキブリである必要ない度:9
  • 得意げに推理しちゃう度:10

~Fin~

コメント

タイトルとURLをコピーしました