十二季節の魔法使い(Seasons)

・所要時間:60分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

季節の概念を取り入れたドラフトゲーム!
クリスタルを獲得して王国で最も強い魔法使いになろう。

  • パワーワードを9枚ずつ配布し、世界の七不思議のブースタードラフトで各自9枚選ぶ。
    全3ラウンドあり、各プレイヤーは手持ちのパワーワードをラウンドこどに3枚ずつ分けて置く。
    2ラウンド目、3ラウンド目の3枚は、そのラウンド開始時に手札に補充。
  • 12の月にわかれていて、4つの季節に分類される。
    各季節ごとに振るサイコロの種類が決まっていて、数はプレイヤー数プラス1。
    スタートプレイヤーはまずのサイコロを振り、各プレイヤー1個ずつ選び取る。
    そのサイコロに書かれたアクションを実施。
    取られず残ったサイコロのマークの分、月日が進んで行く。
  • サイコロアクションは、下記など。
    • 「資源をもらう」
    • 「クリスタルをもらう」    
    • 「パワーカードをもらう」
    • 「パワーカードを出せる枚数増加」  
  • サイコロアクション後、各プレイヤーはパワーワードを自分の前に出せる。
    パワーワードを出すには、書かれたCOSTの資源を支払う必要がある。
  • 12ヶ月×3週でゲーム終了。
    場に出せたパワーワードに書かれてる点と、クリスタルの数を加え、手元に残してしまったパワーワード1枚毎に2点マイナスして、合計点が高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
見た目よりシンプル!
かなり面白かった。またやろう!

●自分
ブルームーンやドミニオン世界の七不思議など、カード系ボードゲームは元来好きなので、このゲームも例外なく楽しめた。

季節の概念を入れ、季節ごとにもらいやすい資源の起伏を作る仕組みはユニークでGOOD!
もらえる資源にランダム性を加えるサイコロの存在も目立ち過ぎず良いバランス。 



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:4
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:4
  • 7歳児と本気で遊べる度:1
  • 3歳児も楽しそう度:0
  • このカード強すぎない?度:8
  • 見た目よりシンプル度:9


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント