タイガー&ドラゴン(Tiger & Dragon)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

★今までの人気記事はこちらから

ごいたって知ってますか?
ある地方の伝統ゲームで、将棋の駒を使って2対2のチーム戦を行う非常に楽しく奥深いゲームです。

なんと、そのごいたのルールをベースに、5人まで遊べる個人戦形式にゲームがしたゲームが誕生。
これがめちゃくちゃ面白いんです。
世界に通用する日本のゲームになっていくと思います。

タイガー&ドラゴン(Tiger & Dragon)

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥4,980 (2022/11/28 01:58:45時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

カンフー対決がテーマ。
攻撃をし、それを防御して攻撃を返していき、最終的に全ての配(攻撃と防御)を出し切ることを目指す牌ゲーム。

<準備>

  • 個人ボードを全プレイヤーに配布。
  • 各ゲームごとの上がり牌の得点が書かれた戦場カードを1枚選んで中央に表向きに配置。
  • 牌を混ぜて、各プレイヤーに指定の枚数配布。

<ゲームの進行>

  • スタートプレイヤーが、まず手札牌から1つ選んで個人ボード上に配置(プレイ)。
  • 次のプレイヤーは、同じ数字の牌があればまず防御として個人ボード上にその牌をプレイし、その後手札から好きな牌を攻撃として自分のボードに配置。
  • 次のプレイヤーも同様に、受けられる牌があればプレイし、その後任意の攻撃牌をプレイしていく。
  • 受けられる牌がなければパスをする。
  • 自分が出した後他プレイヤーが全員パスして自分の手番が来たら、手札から好きな牌を1枚裏向きに個人ボードの受けの場所に配置し、任意の牌で攻撃する。
  • 以上を繰り返し、誰かの手札の牌がなくなったらラウンド終了。
    手札をなくしたプレイヤーは、最後にプレイした牌によって、点数を得る。(戦場カード参照)
  • ラウンドを繰り返し、得点チップを10枚獲得人がでたら、その人の勝ちで終了。



感想

●妻
これは楽しい!
ごいたの個人戦だね
。やっぱり牌を使うゲームってカードとは異なる風情があるよね。

●ゆづ(9歳の娘)
楽しかった!
みんなか最後の方に何を残してるのか考えてアタックして全員パスさせられると嬉しい!!

●ヨタくん(6歳の息子)
めっちゃ楽しい!!
何を出せばみんなが出しにくいか考えてやらないと勝てないね。
ドキドキして面白いなぁ。

自分
非常に楽しいです。
そもそもごいた自体がとても楽しいゲームですが、本作は数字にして言語の壁を取っ払い、牌の枚数を数字ごとに変えたことで更に深い読み合いを生み出し、上がり牌によって得点を変えたことでジレンマを深めてます。
加えて、牌をジャラジャラする本能的な楽しさも加わり無双レベルに。

麻雀的なプレイ感に近く、延々と繰り返し遊べる中毒性になってます。素晴らしい!!



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:9
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 9歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:9
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥4,980 (2022/11/28 01:58:45時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント