タイムカプセル(Time Capsules)

こんにちは! ヒロです。
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

★今までの人気記事はこちらから

今日ご紹介するゲームは、カプセルビルドという斬新なシステムを取り入れたゲームとのこと。

デッキビルド、バックビルドは完成された楽しいゲームシステムですが、カプセルビルドとはいかに、、、?

コンポーネントにどでかいカプセルが入っていると知り、気になりすぎて購入。
果たしてイロモノなのか、王道の拡大再生産なのか、レッツプレイ!

タイムカプセル(Time Capsules)

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,880 (2024/02/22 01:56:54時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:90分
・プレイ人数: 1人~4人

ゲーム内容

  • 中央に、遺物タイルの山札から6枚をオープン。
    各プレイヤーに最初のセット物を入れたカプセル4つを入れた袋を配布。
    各プレイヤーに変動カードの山札から3枚ずつ配布し、手札にする。
  • 手番では、自分の袋からカプセルを2つ取り出し、中身を個人ボード上に出し、出された内容物を使って、中央に並んだ遺物タイルを購入(エネルギーや量子ビットを支払う)したり、遺物タイルの特殊効果を発動したり、生命体タイルのボーナスを獲得したりする。
  • ターンの開始時に袋にカプセルがない場合、4つのカプセルをすべて袋に入れ、シャッフルをしてから2つを取り出す。(※この点間違えていたので追記させていただきました。)
  • また、時水晶を支払って手札の変動カードをプレイし、特殊効果を発動できる。
  • さらには、フリーアクションとして、資源の交換や点数化なども可能。
  • 遺物タイル、生命体タイル、変動カード、フリーアクションなどで勝利点を得たら、すぐに得点ボードに計上。
  • 生命体タイルや変動カードは使用後に破棄し、それ以下は使わなかったものも含めて全てカプセルに入れる。
  • 各カプセルには2~7つの内容物を必ず入れる。
    入り切らない内容物は破棄。
  • カプセルに入れるものは下記。
    • バッテリー:
      記載の数分の「エネルギー」になる。(遺物タイルの購入などに使用)
    • コンピュータトークン:
      カプセルから出されたら、対応するダイスをサプライからとって振ってトークンの上に置く。
      このダイスの出目分の「量子ビット」になる。(遺物タイルの購入などに使用)
    • 遺物タイル:
      書かれている特殊効果を発動できる。
    • 生命体タイル:
      書かれているボーナスを獲得。
    • 時間破断トークン:
      使用不可の邪魔物。
      カプセルから出されたら、すぐ使用済スペースへ。
  • カプセルに内容物を入れて閉じたら、次のプレイヤーの手番へ。
    ターンの開始時に
    手番が一周したらラウンド終了。
  • ラウンドを繰り返して、10ラウンド終了時にゲーム終了。
  • カプセルの内容物を全て取り出し、時間破断トークンが6つ以上あったプレイヤーはそこで失格。
    それ以外のプレイヤーで、総得点が高い人の勝ち。
写真ではそこまで伝わらないのですが、カプセルの大きさに笑いが込み上げますよ^^



感想

●妻
カプセルを開ける時のワクワク感とがっかり感がたまらないね。
他のプレイヤーの手番の待ち時間がちょっと間延びを感じたかな。
時間破断トークンかまやっかいで、勝利点をとると一定間隔でとらされちゃうから、最後はあえて点数を伸ばさないように調整しないとな感じが、拡大再生産らしからぬ不完全燃焼感があった。

●ゆづ(11歳の娘)
カプセルの中に何を入れたのか途中から忘れちゃうから、時間破断トークンを何枚とっちゃってるのかもわからなくなって、最後の方でめっちゃドキドキしたよ。

●ヨタくん(7歳の息子)
カプセルを開ける時にめっちゃワクワクした!
あと一歩で勝てそうだったから、悔しかったな。

●自分
箱を開けたときの大量の大カプセルに度肝を抜かれました。
めっちや楽しそうな雰囲気のコンポーネント!

プレイ感は、デッキ構築やバック構築と同じ拡大再生産ベース。
4つのカプセルに内容物を分散して入れ込むので、各カプセル内の内容物がコンボするように組み立てていく感じは、戦術性が高くて好み。

エネルギーと量子ビットという2つの資源を循環させて、遺物タイルをとりまくるという見通しの良さゆえに、ゲーム開始からしばらくしたらどっぷりのめりこめました。

1点ルールを間違えてゲームをしてしまったため、改めて遊び直そうと思います!



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:9
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:7
  • 11歳児と本気で遊べる度:8
  • 7歳児も楽しそう度:8
created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,880 (2024/02/22 01:56:54時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント

  1. とび より:

    「カプセルに内容物を入れて閉じて袋に戻しら、次のプレイヤーの手番へ。」と書かれてましたが、ルールブックでは「ターンの開始時に袋にカプセルがない場合、4つのカプセルをすべて袋に入れ、シャッフルをしてから2つを取り出」すとなってるので、正しく処理されてた(袋が空になってからもどしてた)のか、読んでて気になりました。

    • この度はご指摘ありがとうございます!
      改めてルール確認しましたがおっしゃる通りで、間違ったルールで遊んでおりました;
      正しい処理で再度遊びたいと思います!