タイムトラップ (TIMETRAP)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

7日間のタイムトラベルゲーム!
1~6日目で手札が無くなると脱落するので何とか手札をキープし、7日目に手札を最も早くなくして勝利することを目指そう。

created by Rinker
タクティカルゲームズ(TACTICAL GAMES)
¥2,505 (2024/07/24 03:53:42時点 Amazon調べ-詳細)
  • 各プレイヤーは、自分の色の1~11の数字カードをもらい、シャッフルして2枚を捨てる。
    そこに、「タイムトラップカード」1枚を加え、合計10枚を手札としてプレイスタート。
  • 中央の場に1~7日目を現したタイルを設置。
    各タイルの下に、ランダムで「日付条件カード」を配置。日付条件カードは、「奇数のカードしか出せない」や、「カードを出したら好きなプレイヤーの手札を1枚引く」など、その日のカードプレイの条件が書かれている。
  • 手番では、日付タイルの下に時計回りで手札のカードを1枚ずつプレイ。
    前のプレイヤーが出したカードよりも大きな数字しか出せない。
    出せるカードがあったらパスはできず、出さないといけない。
    タイムトラップカードは「ジョーカー」で「革命」を起こすカード。
    いつでも出せる(出さないといけない)カードで、出した際は手札からさらに1枚捨てなければならない。
    タイムトラップカードを出したら、数字の強さが逆転する。
    以後も、タイムトラップカードを出されるたびに強さが逆転する。
  • 最後にカードを出したプレイヤー以外全員がパスをしたら、1日あたりの総プレイ枚数上限(4人プレイなら10枚)に決められたカードの出せる枚数の上限に達した場合、次の日へ。
    前の日に最後にカードを出したプレイヤーが次の日の最初にカード出す。
  • 1~6日目で手札が無くなったプレイヤーは、即脱落。
    7日目のスタート時に手札にタイムトラップカードを持ってしまっていたら即脱落。
    7日目に一番早く手札をなくした人が勝ち。
    誰も手札をなくせず7日目が終わった場合は、手札が最も少ない人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白いんだけど、何か思い通りにいかないというか、どうやったら勝つのかよくわからなかった。
何か惜しい、、、。

●ゆづ(7歳の娘)
楽しいけど、よくわからなかった!
ちょっと難しいな。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった!
でも何を出したらいいかよくわからなかった。

●自分
基本的に手札を無くさないようにコントロールして、最終ラウンドのみ手札を早く捨てるというシステムが独特!
基本的には出すカードの選択肢が少ないので、タイムトラップカードをどのタイミングで出すかが重要。

ただ見通しがわるく、最終的に勝っても何故勝ったのかがよくわからない感じ。
ゲームシステムがしっかりしている反面、そのシステムにしっかり制御されてしまって、自分がゲームをやってる感が薄目かも。。。

何度かやるとより深い味わいがあるような気もしますが、我が家ではややイマイチな反応でした。



総合評価

  • 総合評価:5
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):5
  • リプレイ性:5
  • コンポーネントの魅力:5
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):4
  • テーマ再現性:4
  • 戦術の幅:4
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:5
  • 7歳児と本気で遊べる度:4
  • 3歳児も楽しそう度:2
  • 備考:硬派な雰囲気のコンポーネントがGOOD。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント