ナンジャモンジャ(Toddles-Bobbles Green)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

「名前をつけて、覚える」というシンプルかつ本能的に楽しいシステムを入れた斬新なカードゲームをご紹介します。

いつ誰とやってもほぼ確実に盛り上がるので、飲み会、家族団らん、合宿、バーベキュー、合コン、と色んな場面で活用できる素敵なゲームです。

ナンジャモンジャ(Toddles-Bobbles Green)

・所要時間:10分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

カードに書かれたキャラクターに「名前」をつけて覚えて、後にそのキャラクターが登場した際に、誰よりも早く名前を叫んであげるゲーム。

<準備>

  • キャラクターが描かれたカードを全てシャッフルして山札に。
  • キャラクターは全12種類で、それぞれ複数枚ずつ入っている。

<ゲームの進行>

  • 手番では、山札からカードを1枚めくる。
    めくったカードが初登場なら自由に名前をつけてあげる。
    めくったカードが既に登場済みのキャラクターなら、誰よりも早くその名前を叫んだ人が、山札の横に溜まったカードを総取り。
  • 山札がなくなったらゲーム終了。
    獲得したカードが最も多い人が勝ち。



感想

●妻
いつやっても楽しいパーティーゲームだよね。
でも、子供たちが全力で叫ぶから、高い確率で喉を痛めるので、しばらく禁止!←

●ゆづ(9歳の娘)
大好きなゲーム!
キャラクターみんな可愛いし、名前をつけるとますます可愛く感じるね。

●ヨタくん(5歳の息子)
すごい好き!
ヨタくん名前つけるの大好きなんだよね。
面白い名前だとめっちゃ笑っちゃうね!!

●自分
暗記系ワイワイパーティーゲームとしてこれ以上ない完成度の鉄板名作。
知り合い同士で遊ぶと100%盛り上がります。

ボードゲームやりはじめの頃このゲームに出会い、こんなに簡単ルールでこんなに楽しめるカードゲームが存在することに驚いたのを覚えてます。

一度つけたキャラクターの名前をついつい引きずってしまい、別のゲームの時にその名前を呼んじゃうと、思わずほっこり。
良いゲームです。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:10
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:5
  • 9歳児と本気で遊べる度:10
  • 5歳児も楽しそう度:10
  • やたら長い名前をつけて、みんなて叫ぶと爆笑します。

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



コメント