トラヤヌス (TRAJAN)

・所要時間:90分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

トラヤヌス帝時代のローマ帝国がテーマ!
マンカラアクションで権力争いに勝する重量級ゲーム。

  • 個人ボードには6つのアクションを示した6枚の皿が円形に並んでいる。
    ゲーム準備として、各皿にマーカー2個ずつ乗せる。
    また、選んだ1枚の「トラヤヌスタイル」を指定の皿の横に配置。
  • 手番では、6つのうち1つの皿の上のマーカーを全てとって、その総数分中央ボードの時間トラックを進めたあと、とったマーカーを時計回りに隣接する皿に1つずつ配置していき、最後にマーカーを置いた皿のアクションを実施。
    その際に、最後にマーカーを置いたアクション皿に置いてあるマーカーが、その横に配置されているトラヤヌスタイルに記載のマーカーの個数・種類を満たしていたら、そのトラヤヌスタイルを正式入手し、書かれている勝利点やボーナスをもらえる。
  • アクションは下記。
    • 「①商品カードを手札に加えたり、目の前にプレイしたり、得点化したりする港湾アクション」
    • 「②中央ボードの広場に置いてある好きなタイルを1枚もらえる広場アクション」
    • 「③中央ボードの野営地・支配地上で自分のコマを動かして得点化する軍事アクション」
    • 「④元老院トラックを1マス進めて得点する元老議員アクション」
    • 「⑤好きなトラヤヌスタイルを1枚もらうトラヤヌスアクション」
    • 「⑥中央ボードの建築現場上の自分のコマを移動させて、進んだ先にある建設タイルを1枚もらう建設アクション」
  • 手番ごとに中央ボードの時間トラックが進んでいき、4周したらラウンド終了。
    元老院トラックを最も進めているプレイヤーは、元老院ボーナスタイルを獲得」また、そのラウンドで公開されている「要望タイル」を満たすタイルをもっていないプレイヤーはマイナス点。
  • 4ラウンド終了時にゲーム終了。
    ゲーム中に獲得した勝利点に、「商品カードボーナス」「元老院タイルボーナス」「建設タイルボーナス」などのボーナス点を加えて、総得点が高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
これはかなり面白いね!
次のアクションから逆算して、どの皿からマーカーをとるか決めていく感じはすごく頭を使って楽しい!
6つのアクションいずれも魅力的で偏らない感じもいいよね。
長いゲームだけど長さが気にならなかったです。

●ゆづ(8歳の娘)
面白かった!
マンカラに似てるね!
私は建設ボードを進めてタイルをとるのをたくさんやって、結構点数とれてよかった。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった!
ヨタくんは、商品カードをたくさん集めて点数をとれて楽しかったよ!

●自分
マンカラアクション自体の楽しさ、多様な得点手段、パワーアップしていく個人能力など、面白い要素がたくさん詰まった作品。
ただ、1つ1つのアクションがシンプルで直感的なので、要素の多さを気にならなくさせているゲームデザインがお見事!

毎ラウンド終了時の要望タイル達成にヒーヒーいう縛りもちょうど良いです。

自分のお気に入りの得点手段を追及してもよし、全体的にちょいがみしてもよしと、戦術の多様性もあり、プレイ時間の長さを気にせず没頭できる名作です。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:10
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:8
  • 8歳児と本気で遊べる度:7
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:マンカラの種まきアクションは、本能的に人をワクワクされる何かがあります。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント