ワラドの冒険(Warado no bouken)

・今回の人数:2人(俺、妻)
・プレイ時間:30分

ゲーム概要

色んな地形を旅して遠くを目指すレースゲーム!

created by Rinker
タガミゲームズ(TAGAMI GAMES)
¥2,200 (2024/04/18 19:30:07時点 Amazon調べ-詳細)
  • 手番では、3枚の手札(地形カード)から1枚を選び場に出す。
    5列の地形カードが置かれていて、出すカードはいずれかの列の最後尾の地形と同じ地形のカードしか置けない。
  • 地形カードには、カードを出した後に実行できるアクションが2つ記載されている。
    アクションは「少年」「ラクダ」「船」の3種類。
    少年は、冒険者コマを1歩進めるか、冒険者コマを新たに追加できる。
    ラクダは、2歩進める。
    船は、海を進める。
  • 上記のように、手札をプレイして地図を延長し、自分の冒険者コマを動かして手番が終わり、次のプレイヤーへ。
    これを繰り返していく。
  • 条件を満たした上でコマを1つ犠牲にすると、特殊能力をくれる6体の精霊のうち1体と契約でき、歩数が上がったり、ワープ移動ができるようになる。
  • 5つの列全てに10枚目のカードが置かれるか、全プレイヤーの手札がなくなったらゲーム終了。
  • 終了時にある自分の冒険者コマを確認し、城(スタート地点)から遠く離れたエリアにあるコマほど高得点になる。
    遺跡などの特殊地形に置かれているコマはさらに追加得点。
    これに契約した精霊のボーナス点を合計し、合計点の高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白いんだけど、なんかチマチマしていて惜しい感じかな。

●自分
小さい箱に入ったカードゲームなのに、中量級ボードゲームの手応えを感じさせてくれるゲーム。
プレイするカードに地形とアクションの2つの意味があるので、どのカードをどこに置くかで結構ジレンマがあり、気を付けないと長考になる。

とはいえ、基本的に1つでも多くの駒を1マスでも遠くに進める、という目的がはっきりしているので、プレイしていて没頭できる。

爽快感のあるレースゲームではないけど、1手1手をしっかりプレイしていく好ゲームだと思います。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 7歳児と本気で遊べる度:7
  • 3歳児も楽しそう度:2
  • 備考:小さい箱に凝縮された重めのシステムは、さながら小さな巨人

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント