ワルモノ2 (Warumono 2)

・今回の人数:4人(俺、妻、姉様)
・プレイ時間:30分

ゲーム概要

正体隠匿系すごろくゲーム!
マフィアの一員となり、大金を抱えて国外逃亡を目指そう。

  • すごろくのようにマスが書かれている中央ボードを設置。
    ボードには、スタート地点、偽造屋、手配師、空港、港、暗黒街などの特殊マスも書かれている。
    各プレイヤーの人物駒は、このボード上を練り歩き、最終的に空港か港からの国外逃亡を狙う。
  • ゲームの初めに、金貨カード1枚と偽金貨カードをシャッフルして、プレイヤーに1枚ずつ配布。
    1人のプレイヤーのみが本物の金貨を持ってスタートするわけだが、各プレイヤーは手番を消費しないとこのカードの表面を見ることができない。
    次に、潜入捜査官カード1枚とマフィアカードをシャッフルし、プレイヤーに1枚ずつ配布。
    マフィアカードを多めに入れるため、潜入捜査官はいる場合といない場合がある。
  • 手番では、サイコロを振るか、自分の金貨(偽金貨)カードを見るか、どちらかができる。
    サイコロを振ったら出た目の数だけ中央ボード上の自分の駒を進める。
    マスを移動中に他プレイヤーのコマとすれ違うと、その人のコンテンツカードと自分のカードをすり替えることができる。
    すり替える振りでもOK。
  • マフィアのプレイヤーは、本物の金貨を入手し、偽造屋でパスポートを受け取り、手配師から飛行機か船のチケットをもらい、空港か港のマスに入れば勝ち。
  • 潜入捜査官は、本物の金貨を持っているプレイヤーと同じマスに入る(=捕まえる)ことができたら勝ち。
  • ちなみに、ゲーム条件のかわる「シナリオ」が多数用意されているので、何度遊んでも違ったプレイ感を楽しめる仕様になっている。



感想

2019年当時
●妻
見た目は難しそうだけど、やってみるとシンプルで、金貨をめぐっての攻防が熱くて面白かった。これならまたやりたいな。

●自分
これは盛り上がりました。
相手がマフィアなのか潜入捜査官なのかのドキドキと、金貨は誰がもっているのかの駆け引きがとても良いバランス。
ゲームの目的もすっきりしてるので、みんなとりあえずスタート → 偽造屋 → 手配師 → 空港か港 と進む流れも明確で、その移動中に金貨をとったりとられたり、潜入捜査官的な動きをしてくるプレイヤーから逃げたりをしていく。

プレイ時間が短いのに、とっても熱い駆け引きがあって、個人的にはとても好きなゲームです。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:8
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:4
  • 備考:金貨をもって無事逃亡に成功した時のなんとも言えぬ達成感

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント