5×5 ZOO(ゴゴズー)

・所要時間:45分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

テーマが動物園の箱庭系タイル配置ゲーム。

created by Rinker
¥3,520 (2024/04/18 21:27:23時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ゲーム終了時に達成していたら追加得点になる条件の書かれた目標カードを中央に3枚配置。
  • 各プレイヤー、個人ボード(動物園ボード)・2枚の動物タイル(ランダム)・3枚の要望カードが配布され、ゲームスタート。
  • 全3ラウンドで構成。
    各ラウンドの最初に、準備として中央ボードの横に、各列に対応する枚数の動物タイルを配置する。
    中央ボードの各列には、そこにある動物タイルをとった場合にもらえる「一般客キューブ」「ボーナス(扉チップ、人気チップ、常連客コマ、追加一般客キューブ、スペシャルカードなど)」が書かれている。
  • 手番では、スタートプレイヤーから順に中央ボード横の好きな列から動物タイルを1枚と、対応する常連客キューブとボーナスをもらい、もらった動物タイルを個人ボード(動物園ボード)の空いている好きなマスに配置する。
    これを5周行ったら次の行列フェイズへ。
    ボーナスとしてもらった人気チップは配置してある好きな動物タイルの上に置く。
  • 行列フェイズは全員が同時に、前フェイズでもらって手元にある一般客キューブや常連客コマを、個人ボード上に配置済みの動物園タイルに置いていく。
    一般客キューブや常連客コマの置き方には縛りがある。
    前提として、キューブやコマの色と同じ色の動物タイルの上にしか置けない。
    各ラウンドで指定されている上下左右いずれかの入口に隣接するマスの動物タイルに置き、次にその動物タイルに隣接するいずれかのマスの動物タイルに置く。
    動物タイルには壁が書かれているものがあり、壁側に隣接する動物タイルはにはその壁上に扉チップを配置しないと置くことができない。
    これ以上置けなくなったらフェイズ終了。
    ラウンド得点計算フェイズへ。
  • ラウンド得点計算フェイズでは、一般客か常連客が置いてある動物タイルは1枚1点、その上に人気チップがあれば追加で各1点、そのラウンドで使った(タイルを置くときに通った)扉チップが1枚1点、自分の要望カードを満たしていたら1枚につき4点。
    さらに、個人ボード上の一般客と常連客の数が最も多い人が4点、2位の人が2点のボーナス。
    得点計算フェイズが終わったら、個人ボード上の一般客キューブをストックに戻す。(常連客コマは戻さなくてOK)
  • 上記を3ラウンド繰り返し、最後に「動物タイル自体に書かれた得点」「目標カード達成ボーナス点」「保有するスペシャルカードの得点」を足して、総合点が最も高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白い。
得点をとるためにお客さんのコマを置くルールが結構厳しくて、頭を使うね。
個人的に好きなタイプのゲーム。

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!
たくさん考えることがあって結構難しかった。

●ヨタくん(4歳の息子)
楽しかった!
ペンギンもいるし、楽しすぎた!
でも全然点がとれなかったなぁ。

●自分
前作の「5×5シティ」に続き、非常によくできたゲームシステムでした。
続編っぽい名前だけど、ルールは全然違います。
今回の方が難易度高め。

とにかく一筆書きで動物タイルを上手く配置し、かつ、その動物タイルと同色の客キューブ・コマを獲得して配置しなくては得点できないため、「どの列の動物タイル&客キューブをとるか」の選択にずっと悩まされ続けます。
上手いこと配置ができた時はかなりの達成感を得られ、すごく気持ちいいです。

他にはない独特な得点システムが素晴らしく、目標カードなどが毎回変わることによって飽きにくい良作です。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:6
  • 8歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:可愛い雰囲気にのほほんとプレイを開始すると、ジレンマと配置の難易度に悶絶します。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント