雅(Miyabi)

・所要時間:30分
・今回の人数:3人(俺、妻、ゆづ)

ゲーム概要

6×6のマス目に分かれた中央ボード(日本庭園)に、石・つつじ・もみじ・池(鯉)・お堂の5種類のタイルを配置しいくパズルゲーム

created by Rinker
HABA
¥5,340 (2024/03/05 00:10:09時点 Amazon調べ-詳細)
  • 毎ラウンド、既定の枚数タイルが中央に表向きで用意される。
    タイルは、1~4マスのものがあり、5種いずれかの絵が1~4つ描かれている。
  • 手番では、中央に並べられたタイルを1枚とって自分の個人ボードに配置。
    配置後、タイルに描かれた絵の数だけ得点が入る。
    タイルを配置する際は、各絵に対応した行に置かなくてはならない。
    また、各ラウンドで置ける絵は1列に1つのみ。
  • タイルを配置する際上に重ねることもでき、得点はその段数分UPする。
    5段まで高くすることができ、先に5段に達したプレイヤーは先着1名のみ、そのタイルに書かれた絵に対応するボーナス得点をもらえる。
  • 上記を繰り返し、全てのタイルが配置されるとゲーム終了。
    各行の絵の最多プレイヤーと2位のプレイヤーに入る得点と、ゲーム中に獲得した得点を合計し、最も得点の高い人が勝ち。



感想

2020年当時
●妻
すごい面白い。
パズルゲームの中でも3本の指に入るくらい面白いんじゃないかな。
ルールはシンプルなのに凄まじく悩ましくていいね!

●ゆづ(8歳の娘)
楽しかった!
どうやって置いたら点数がたくさん入るのか考えるのが難しいね。

●自分
めっちゃ面白いです。
ルールは簡単だけど、結構縛りが強いので悶絶感も強く、うんうん唸りながらずっと考え続けるゲーム。
いい感じに積み上げられるとすごく嬉しい。

ルールを少しだけアレンジするシンプルな拡張が5つ入っているので、リプレイ性も高く、総合的に完成度がとても高い傑作です。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:10
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 8歳児と本気で遊べる度:9
  • 4歳児も楽しそう度:7
  • 備考:シンプルだけど奥が深いまさに和風庭園のようなゲーム

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント