オールスタードラフト (ALL-STAR DRAFT)

・所要時間:30分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

動物アイスホッケーチームの監督となり、優秀なメンバーをスカウトしてチームを作り、優勝を狙うブースタードラフトカードゲーム。

<コンポーネント>

  • 動物カード 
    • 各種1~9までの数字が書かれている。
    • 各種5枚に5種の「ホッケー用具マーク」のいずれかが書かれている。
    • 「プレイヤー人数×2」の種類の動物カードを使用。
  • 試合会場ボード 12枚。
    • ボードごとに、各順位のもらえるファン数(=以下勝利点)が異なる。
  • 各プレイヤーに下記を配布。
    • 非対称の特殊能力をもったコーチカード (12種)のうち1枚。
    • 「1軍」~「3軍」のチームバス

<ゲームの進行>

★3ラウンドのレギュラーシーズンと、4ラウンド目のプレーオフで構成。

  • レギュラーシーズンの1ラウンド目
    1. 試合会場ボードを1つ選んで中央に配置。
    2. 各プレイヤーにシャッフルした動物カードから6枚ずつ配布。その後ブースタードラフトを6枚になるまで実行。
    3. 6枚の内1枚を自分の前(ベンチ)に残り、5枚でチームを構成。
    4. 全員がチームを構成したら、一斉にオープンして勝敗決定。
    5. 勝敗判定をして、順位ごとに、試合会場ボードに書かれた勝利点を獲得。
    6. 試合会場ボードを破棄。
  • レギュラーシーズンの2ラウンド目
    1. 試合会場ボードを新たに2つ選んで、「1軍の試合用」と「2軍の試合用」それぞれに配置。
    2. 各プレイヤーにシャッフルした動物カードから6枚ずつ配布。その後ブースタードラフトを6枚になるまで実行。
    3. 6枚を自分の前(ベンチ)に加える。1ラウンドと合わせて7枚がベンチにある状態。
    4. 1ラウンドで作ったチームから、1枚をベンチのカードを交換。(任意)
    5. ベンチの7枚から5枚を選び、2つ目のチームをつくる。
    6. 2つのチームに「1軍チームバス」「2軍チームバス」のそれぞれを配置。
    7. 全員がチームを構成したら、まずは「1軍チーム」同士をオープンして勝敗決定。順位ごとに、1軍試合用の会場ボードに書かれた勝利点を獲得。
    8. 続いて「2軍チーム」同士をオープンして勝敗判定。同様に勝利点を獲得。
    9. 試合会場ボードを全て破棄。
  • レギュラーシーズンの3ラウンド目
    1. 試合会場ボードを新たに3つ選んで、「1軍の試合用」と「2軍の試合用」と「3軍の試合用」それぞれに配置。
    2. 各プレイヤーにシャッフルした動物カードから6枚ずつ配布。その後ブースタードラフトを6枚になるまで実行。
    3. 6枚を自分の前(ベンチ)に加える。1・2ラウンドと合わせて8枚がベンチにある状態。
    4. 既に作り済みの2つのチームそれぞれ、1枚ずつベンチのカードを交換。(任意)
    5. ベンチの8枚から5枚を選び、3つ目のチームをつくる。
    6. 2つのチームに「1軍チームバス」「2軍チームバス」「3軍チームバス」のそれぞれを配置。
    7. 全員がチームを構成したら、「1軍チーム」「2軍チーム」「3軍チーム」の順に勝敗決定。順位ごとに、1軍試合用の会場ボードに書かれた勝利点を獲得。
    8. 試合会場ボードを全て破棄。
  • プレーオフシーズン
    1. これまでに獲得した18枚全ての選手カードから5枚を選んでチームを構成。
    2. 全員で一斉にオープンして勝敗判定。負けたプレイヤーは脱落し、最下位のプレーオフ勝利点を獲得。
    3. 使ったチームの2~4枚の選手をベンチに残った選手と強制交換。
    4. 新たなチームを一斉オープンして勝敗判定。負けたプレイヤーは脱落し、3位のプレーオフ勝利点を獲得。
    5. 使ったチームの2~4枚の選手をベンチに残った選手と強制交換。
    6. 新たなチームを一斉オープンして勝敗判定。負けたプレイヤーは脱落し、2位のプレーオフ勝利点を獲得。勝ち残ったプレイヤーは1位のプレーオフ勝利点を獲得。そこでゲーム終了。
  • 勝敗判定は、以下の基準で行う。
    1. チームを構成する5枚のうち、「ホッケー用具マーク」「数字」「動物」のいずれかが同じカードの枚数が多いほうが強い。
    2. 1が同枚数の場合は、「ホッケー用具マーク」「数字」「動物」のカテゴリー順に強い。
    3. 1と2が同枚数・同カテゴリーの場合は、中央ボードに書かれた優先順に強い。「数字」は大きいほうが強く、「ホッケー用具マーク」と「動物」は強さの序列が書かれている。

<勝利条件>

総得点が最も高い人が勝ち。



感想

●妻
ブースタードラフトはそもそも面白いシステムだけど、それを何回も繰り返してチームを作っていく感じはすごく楽しいね!

●ゆづ(9歳の娘)
面白かった! チームをいっぱい作るのが楽しい! 強いチームとそうじゃないチームができちゃうから難しいね。

●ヨタくん(5歳の息子)
超楽しかった! チームを作って試合するのがドキドキした!

●自分
すっごく楽しかったです。ブースタードラフトはやっぱり良いシステムですね。プレイが間延びしないし、ドキドキする。レギュラーシーズンでラウンドを経るごとにチームが増えいき、それぞれを別の試合会場で戦わせる感じがリアルでGOOD。

プレーオフの勝ち残りも、必ず2枚~4枚のカードを交換しないといけない縛りが良く効いていて、最初に強すぎるチームにすると、選手の入れ替えで弱体化して勝ち残れなくなるので、先を見通した上でのビリにならない匙加減のチーム作りが重要。この辺の戦術性の高さも好みです。

数あるカードゲームの中でも、やり応え・戦術性・ワクワク感、全てがハイレベルな好ゲームです。

総合評価

・総合評価:8
・独創性:8
・わかりやすさ:7
・システム洗練度:8
・間延び感の低さ(起伏):9
・リプレイ性:8
・コンポーネントの魅力:6
・脳汁感(ジレンマ味わい度):7
・テーマ再現性:8
・戦術の幅:7
・ドキドキわくわく感:7
・手番ごとの成長感:8
・攻撃性の低さ:7
・9歳児と本気で遊べる度:9
・5歳児も楽しそう度:9
・備考:「自分でチームを作って試合をする」のは、いつの時代も楽しいものです。

 

~Fin~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました