洛陽の門にて(At the Gates of Loyang)

・所要時間:120分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

<テーマ>

洛陽の農家となって野菜を育てて販売して、得たお金を勝利点に変えていく拡大再生産ゲーム。

<準備>

  • 各プレイヤーに、初期畑カードと、同じセットの畑カードの山札と、お金7文と、商店ボードを配布。
  • 各プレイヤーは商店から初期畑カードに植えられる野菜を1つ買って初期畑カードに植える。
    ※植える = 野菜を1つ畑置き、同種の野菜をストックからとって畑の残りスペースを全て埋める。

<ゲームの進行>

  • 全9ラウンド構成。
  • 各ラウンド、「収穫フェイズ」「カード獲得フェイズ」「アクションフェイズ」で構成。
  • 「収穫フェイズ」では、まず自分の畑から1個ずつ野菜の収穫し、その後自分のが畑カードの山札から1枚畑を追加してこれまでの畑の横に配置する。
    ※最後の一つの野菜を収穫した畑は破棄。
    ※最終ラウンドのみ畑が追加されない。
  • 「カード獲得フェイズ」では、
    • まず各プレイヤーに4枚のカードが配布される。
      スタートプレイヤーは手札から1枚を中央の場に出す。
    • 左隣のプレイヤーは、下記いずれかを実施。
      • 「手札から1枚と、中央に出されているカードから1枚の計2枚を獲得し、残った手札を中央の場に出す」
      • 「獲得をパスして、手札から1枚を中央に出す」
    • 最後の一人になったプレイヤーは手札ではなく中央の場から2枚獲得。
      全員がカード2枚獲得したらフェイズ終了。
    • 各自獲得したカード2枚は種類ごとに指定の場所に配置する。
    • 最後にカードを獲得したプレイヤーが次のスタートプレイヤーに、最後から2番目に獲得したプレイヤーが2番手のプレイヤーになる。
  • カードには、有料の畑カード、市場カード、顧客カード、通行人カード、助っ人カードがある。
  • 「アクションフェイズ」はスタートプレイヤーとその人が指名した2番手以外のプレイヤーが同時にアクション。
    アクション終了後、2番手プレイヤーと残りのプレイヤーの2人がアクション。
    下記のアクションを好きなだけ行える。
    • 自分の商店から野菜を買ったり、商店に野菜を売ったりする。
      ※買う時は高く売る時は安い。
    • 自分の畑に野菜を植える。
    • 自分の市場カードに置かれている野菜を、指定の数の他の野菜を支払うことで獲得(交換)。
    • 自分の顧客カードに、求められている野菜を販売してお金を獲得。
      ※顧客カードには各ラウンドで1回ずつ、複数回販売でき、だんだん得られる金額釜上がっていく。
      ※顧客カードを獲得したラウンド以降、必ずその顧客が求める野菜を販売しないとペナルティを受ける。1回目はセーフだが、2回め以降は2文支払う。
    • 自分の通行人カードに、求められている野菜を販売してお金を獲得。
      ※通行人カードに一度野菜を販売したら、カードは中央の捨て札置き場に置かれる。
      ※通行人には販売できないことによるペナルティはないが、顧客カードより多く通行人カードを持ってしまうと販売価格が安くなってしまう。
    • 助っ人カードを使用して効果を発動する。
    • お金を支払ってカードを獲得する。(山札から2枚引いて、0~2枚獲得できる。)
      ※保有する助っ人カード・市場カードのうち多い方の枚数が、アクションカード獲得のコスト。
      ※カード獲得アクションのみ手番で1回のみ。
    • 1文支払って得点ボード上のコマを1マス進める。
      さらに進めたい場合は、次のマスの得点と同じだけのお金を支払う。
    • やることかなくなったら終了を宣言して手番終了。
      ただし、次のラウンドに持ち越せる野菜は1つのみ。(2文支払って倉庫を裏返すと4つまで残せる)
  • お金が足りない時はいつでも借金してOK。
    借金カードをもらって5文受け取る。
    借金カード1枚につき、ゲーム終了時に得点ボード上のコマを1マス下げる。
  • 以上を9ラウンド繰り返し、得点ボード上のコマが最も進んでいるプレイヤーの勝ち。



感想

●妻
カード獲得手段が独特でジレンマが各所に散りばめられていて面白かった!
今回は助っ人を上手く使えなかったから、次はもう少し効率的にプレイできそう。

●ゆづ(9歳の娘)
収穫するのがとにかく楽しがった!
たくさんの野菜を一度に収穫できると達成感があって嬉しくなるね!

●ヨタくん(5歳の息子)
楽しかった!!
畑を増やして、野菜を育てて売ったりしてお金をもらうのが楽しい!

●自分
なかなか手に入らなかった、ウヴェ様の収穫三部作の一つ。
噂に違わず面白い!
カード獲得システムの独特さ、畑をガンガン増やしていく拡大再生産のワクワク感、畑の拡大と野菜の大量収穫を目指すという目的のシンプルさ、どこをとっても楽しい要素満載。これは中毒性ありますね。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:9
  • 攻撃性の低さ:8
  • 9歳児と本気で遊べる度:8
  • 5歳児も楽しそう度:10
  • ここまで野菜を育てまくるゲームはそうはあるまい。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



コメント