カピ原(Capybara ‘n’ Capybara)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、日本の誇るOKAZU brandさんによる、小箱に入ったジレンマ溢れるカードゲームです。

カピ原(Capybara ‘n’ Capybara)

created by Rinker
OKAZU Brand
¥1,870 (2024/05/25 06:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:60分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • A~Eのカピバラカードを全てシャッフルして山札にし、そこから5枚をオープンして中央に並べる。
    達成条件が書かれたカボチャカードを全てシャッフルして、そこから5枚をオープンして中央に並べる。
    ボーナスカードを1枚選んで中央に配置。
  • 各プレイヤーに、カピバラカードを3枚と小猿カードを配布。
    カピバラカードは配られた順に自分の前に表向きに並べ、一番左のカードの上に子猿カードを配置。
  • スタートプレイヤーの逆順で中央のカピバラカードとかぼちゃカードを一枚ずつ獲得したらゲームスタート。
  • 手番では、下記3つのアクションのいずれかを行う。
    • 子猿カードを自分の前のカピバラの列をカード1枚~3枚分左側に進めて、進めた数分、中央のカピバラカードを獲得して列に加える。
    • 子猿をカード3毎分右側に戻す。
    • 手札か場のかぼちゃカードを達成する。
      かぼちゃカードには達成に必要なカピバラのアルファベッドが記載されていて、子猿を前進させることで記載のアルファベットを全て含むことができたら達成。
      達成したらそのかぼちゃカードを裏向きで自分の前に置く。
      手番終了時に、中央のカピバラカードとかぼちゃカードが5枚になるよう補充する。
  • 手番を繰り返し、かぼちゃカードを5枚獲得したプレイヤーがでるか、中央のカピバラカードを5枚に補充できなくなったら、その次のラウンドでゲーム終了。
  • 獲得したカボチャカードの勝利点と、ボーナスカードを達成した場合のボーナスを加算し、総得点が高い人の勝ち。



感想

●妻
独特で面白いシステムだね。
かぼちゃカード達成のタイミングが悩ましい!

●ゆづ(10歳の娘)
楽しかった。
カードをとるのもカボチャを達成するのも、お猿さんを前に進めないとだけから、進めて戻して大変!

●ヨタくん(6歳の息子)
楽しかった!
欲しいのになかなか出ないアルファベットカードがあって、出たらみんなががっつくのが面白かったね。

●自分
安定の面白さ。
OKAZUさんは本当に独特なゲームを作りますよね。
猿を進めたり戻したり、何か可愛らしい雰囲気。
どのカボチャを目標にするか、何枚のカードを補充するか、考えることもジレンマもたっぷりで、やりごたえ十分でした。
小箱なのも良いですね。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:9
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント