チーキーモンキー(Cheeky Monkey)

・所要時間:15分
・今回の人数: 4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

シンプルで楽しいバーストゲーム。動物園から逃げ出した動物たちを集めて得点を獲得しよう。

  • 8種類の動物タイルを大量に袋に入れる。
  • 手番では、1枚ずつ袋から引く。
  • 希望すれば続けて次の1枚を引ける。
  • 引いた動物が、他プレイヤーの積み重ねたチップの一番上の動物と同じなら、そのプレイヤーからその動物タイルをもらえる。
  • 自分の手番で引いた動物タイルと同じ動物タイルを引いてしまったら、それまでとった動物タイルは全て袋に戻さないといけない。
  • これ以上引かないと判断したら、好きな順番に並び替えて目の前に積み重ねておく。
  • これを繰り返し、袋の中の動物が全てなくなったらゲーム終了。
  • 確保できた動物タイルを種類ごとに分け、それぞれ再多数のチップを確保しているプレイヤーはボーナス点をGET。
  • 同時最多の場合は誰ももらえず。
  • 獲得した動物タイルは1枚1ポイント。
  • これとボーナスポイントを合計し、最もポイントの高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
運ゲーっぽさ満点だけど、袋の残数を考えて引き続けるか止めるか判断したり、他のプレイヤーに後でとられないように自分のとった動物を積む順番を考えたりと、結構考えどころがあって楽しかった。

●ゆづ(7歳の娘)
怖い!動物引いても、すぐとられるから嫌だった。でも楽しいよ。

●ヨタくん(3歳の息子)
すごい楽しかった!動物がたくさんいるから、ヨタくんこのゲーム好きなんだお。 

●自分
・手軽でルールがシンプルな運ゲーなのに、結構戦術性が高く、何も考えずにやると勝てないゲームバランス。さすがクニツィア先生。

動物タイルが可愛くて質感が良く、子どもたちにも大人気。袋から動物タイルを引くだけなので3歳のヨタくんも普通に楽しそうにやれてます。

チキンゲームとして飲み会の席でも活躍しそうだし、子どもたちとわいわいやるにも良い、総合力の高いパーティーゲームです。

重量が重くて持ち運びできないことが惜しい、、、。けど動物タイルの質感のためなのでこれはこれで良いかと。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:5
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:9
  • 幼児から老人まで楽しめる度:10
  • 引いて失敗するとと思わず笑顔度:9


 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント