コヨーテ (Coyote)

こんにちは! ヒロです!
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日ご紹介するゲームは、手軽にワイワイ大人数で楽しめる、The・パーティーゲームです。
いつでもどこでもさっと取り出せて、さっと盛り上がれる、使い勝手のとても良いところが気に入ってます。
どんなゲームか、レビューをお届けします。

コヨーテ (Coyote)

・所要時間:20分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要

  • 自分の数字だけわからない状況下、全員の数字合計を予測して宣言するインディアンポーカー&チキンゲーム。
  • 全てのカードをシャッフルして1枚ずつ配布。
    自分のカードは、他の人に見えて自分だけ見られないようにオデコに掲げる。
    他の人のカードを見て、「うわっ!」とか、「でかい数字だねー」とか、嘘も織り交ぜながら少し会話すると盛り上がります。
  • スタートプレイヤーから順に、自分を含む全プレイヤーのカードの合計数を予想して、「合計数字を超えていないと思う数字」を宣言。
  • 次のプレイヤーは、前プレイヤーが宣言した数字が、全プレイヤーの合計数を越えてると思ったら、「コヨーテ!」と叫んで勝負フェイズへ。
    越えてないと思ったら、今度は自分が前プレイヤーの数字よりも大きい数字(かつ全プレイヤーの合計数字を超えてない数字)を宣言する。
  • 以上を繰り返し、誰かが「コヨーテ!」と宣言したら、勝負フェイズへ。
  • 勝負フェイズでは、「コヨーテ」を宣伝したプレイヤーと宣言されたプレイヤーのどちらが正しいかを明らかにします。
    全員で一斉にカードをオープンして、誰かが合計数字を言います。
    間違っていた方は1ダメージをくらいます。
  • 残ったカードの山札から1枚ずつ全プレイヤーに配布して、次のラウンドを開始。
  • 上記を繰り返し、2ダメージを受けた人は脱落。最後に残った人の勝ち。



感想

●妻
いかに他プレイヤーに自分の数字を勘違いさせるかがポイントだね!
面白い心理戦ゲームだと思う。

●ゆづ(10歳の娘)
楽しい!
自分の数字がわからなくてドキドキするけど、他の人が宣言した数字から何となく自分の数字が予想できるから面白いね!

●ヨタくん(6歳の息子)
楽しいけど、勝つのが難しいよ!
ヨタくん、すぐ騙されて負けちゃう。

●自分
良くできてます。
短い時間で一気にハイテンションで盛り上げるのにもってこいですね。
インディアンポーカーのように、自分だけわからないようにカードを額に持つアクション自体が、何だか本能的にワクワクするんだよね。
好きなゲームです。

何気にカードが縦長で額に持ちやすいのも素敵です。



総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:10
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 10歳児と本気で遊べる度:9
  • 6歳児も楽しそう度:7


~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント