グレンモア(Glen More)

・所要時間:60分
・今回の人数:2人(俺、妻)

ゲーム概要

タイルを置くことで自分の村を広げ、生産した資材を市場に出すなどで得点するゲーム。

created by Rinker
Ravensburger
¥19,275 (2024/06/24 12:55:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • 中央ボードには、手番順を表すマスと資材を売買できるマスがある。
    手番ボードの一番後ろの人が常に手番を行うシステム。
    あまりに先に進めるとしばらく手番が回ってこなくなる。 
  • 手番では、中央ボードに並んだタイルの中から欲しいタイルをもらい、自分の村に配置していく。
  • タイルは、村人コマが置かれているタイルに隣接する場所にのみ置ける。(斜めもオッケー)
  • 新たにタイルが置かれると、その場所に隣接する既に置かれてるタイルが全て効果発動となる。
  • タイルの効果は、[資源コマをもらえる][村人コマを移動できる][資源コマをウイスキーに加工する][資源コマを点数に替える][特集カードをもらえる]など。
  • タイルによっては、資源コマが必要なものもある。
  • タイルはレベル1からレベル3まであり、レベル1のタイルの山札が尽きるとレベル2のタイルが登場する。
    各レベルの山札が尽きた時、中間決算が起こり、ウイスキーや特集カードの獲得数によって得点。
  • レベル3タイルが尽きて決算が終わったらゲーム終了。
    タイルを多く置いた人はマイナス点を受ける。
    勝利点の合計が最も高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白かった。
色んな勝ち方がありそう。

●自分
箱もタイルも全てがコンパクトにまとまっているよくできたゲーム。

何となく全体的に小さくまとまっている印象。よくも悪くも。

重量級の拡大再生産ゲームは箱やコンポーネントが大きいものが多いけど、それをここまでコンパクトにできているのは凄いことだと思う。

謎の中毒性があり、ふとした時にやりたくなる不思議なゲーム。



 

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:7
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:7
  • 7歳児と本気で遊べる度:5
  • 3歳児も楽しそう度:2
  • コンパクトに凝縮された不思議な魅力:9
  • 硬派な雰囲気が醸し出すプロ感:9 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント