ドルイド(Druids)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:20分

ゲーム概要

オリジナルティのあるトリックテイキングゲーム!

created by Rinker
Amigo
¥1,780 (2024/02/20 16:13:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • カード構成は、(1~12の数字)×5色+ガイア1枚+ヤドリギ2枚+金の鎌2枚。
  • プレイヤー数に応じた枚数を手札として配布。
  • ガイアをもつプレイヤーが、ガイヤを出してスタート。その際、”色”を宣言し、このラウンドはその色をマストフォロー。
  • 次のトリックからは通常のマストフォロー。親スートと同色で数字の大きな人がトリックを獲得。
  • ヤドリギと金の鎌はいつでも出せる。
  • トリックを獲得したら、色ごとに分けて自分の前に「獲得の山」として整理配置。今回とったトリックの中で同色があれば、数字が小さいカードが上になるように置く。
  • 獲得トリックに金の鎌があれば、「獲得の山」の中で最も得点(一番上の数字)の高い山をゲームからまるっと除去する。
  • 獲トリックにヤドリギがあれば、「獲得の山」のいずれかの一番下にヤドリギを入れる。
  • 「誰かの手札がなくなる」か、「誰かの獲得の山を5色つくってしまう」と、ゲーム終了。5色つくってしまった人は、0点で終了。それ以外のプレイヤーは、獲得の山の一番上にあるカードの数字が得点。得点合計が大きい人の勝ち。



感想

2019年当時
●妻
面白かった。
オーソドックスなトリテに調度良いアクセント入れた感じでわかりやすくて好き。

●ゆづ(7歳の娘)
面白かった!
色がすぐ5個そろっちゃうから難しい!

●ヨタくん(3歳の息子)
楽しかった!
ヨタくん、たくさん強いカード出したお!

●自分
色んな種類のアレンジトリテがあり、中には工夫しすぎてゲームの見通しが悪くなるものが多い。
そんな中で、このドルイドは若干のアレンジに留めていて、「マストフォローで基本的にはトリックをとると有利」という基本を守っているため、安定していて面白い。

それでいて、アレンジが良く効いていて、ゲーム終盤戦になると、「このトリックをとると数字が一気に上がるから絶対とりたい!」「このトリックをとってしまうと5色になるから絶対避けたい!」など、各プレイヤーの思惑が絡んで楽しくなっていく。

手番では、このトリックをとるべきかとらないべきか、の狭間でうんうん唸るジレンマが心地よい。

他プレイヤーの獲得の山が公開情報なので、タイミングを見て他プレイヤーに5色をとらせるべくカードを滑り込ませたり、と場をコントロールできる楽しさもある。
やられるとむかつくけど。

全体的に良くまとまった良策だと思います。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:6
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:6
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:4
  • とるかとらないかの激しいジレンマ:9
  • 金の鎌で山で1色削った時の嬉しさと切なさ:9

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント