なつのたからもの

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:15分

ゲーム概要

チキンバースト&セットコレクションゲーム。

  • カードは全10色各8枚の計80枚と、特殊カード9枚で構成。全てのカードをシャッフルして山札を作ってゲームスタート。
  • 手番では、山札からカードを1枚めくって,山の横に並べる。希望する枚数めくり、好きなところで止めて、並べられたカードの中から1枚を手札として獲得できる。
  • めくった時に、既に並んでいるカードと同じ色のカードが出てしまったらバースト。
  • そのカードのみ捨てて、何ももらえず手番終了。
  • 既に並んでいるカードの中の1枚が欲しければ、山札からめくらず、1枚もらって終了でもOK。
  • もらったカードが同じ数字3枚揃ったら,自分の前に表にして置くことができ、この3枚セット1つにつき10点になる。
  • 以上を繰り返し、山札がなくなるか、誰かが10色全てのカードを集めたらゲーム終了。
  • 3枚セットは1セット10点、セットにできなかった残りのカードは色ごとに分け、各色で最大の数字がそのまま得点になる。合計得点が最も高い人が勝ち。

 



感想

2019年当時
●妻
好きなゲーム。手軽だし、引くか止めるかのジレンマもいい感じ。何よりカードの絵がちょっと切なくて好きです。

●ゆづ(7歳の娘)
なつの宝物、好きだよ。同じ数字がなかなか集まらなくて結構難しいけど、揃ったら嬉しいよ。

●ヨタくん(3歳の息子)
楽しくて好き! ヨタくん、途中でストップするのじょうずだよ。

●自分
はげたかの餌食やバンパイヤクイーン、ニムトなどと同じく、ボードゲームをやり始めた初期に購入したゲーム。シンプルなルールで大人も子供も一緒に楽しめるのに、程よくジレンマがあってちゃんとボードゲームをやった感があるのに驚いた記憶がある。

たくさんのボードゲームを経験した後、時々取り出してプレイしてみるけど、やる度に面白さを再確認。やっぱり総合的に面白いゲームだと思う。

バースト系ゲームは基本的に引き続けないと負けるものが多いけど、このゲームは手札の揃え方次第でそんなに引かなくても勝てるところが戦術性が高くて良いね。

ノスタルジックなカード絵も素晴らしいし、持っていて損のない良作です。

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):6
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:8
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):7
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:7
  • 備考:カード絵に喚起される青春の追憶感

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント