ファブフィブ(Fab Fib)

画像引用:Amazon (なぜかプレイ写真が紛失…)

こんにちは! ヒロです。
いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

★今までの人気記事はこちらから

今日ご紹介するゲームは、ダウト系ゲームです。
僕の大好きなカテゴリーで、スパイシーコヨーテスカルなど、たくさんの良作があります。

今回ご紹介するファブフィブは、そんな中でもかなりのメジャー作品で、プレイ感も一癖あって良いとの噂。
果たしてどんなゲームでしょうか。

ファブフィブ(Fab Fib)

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
¥1,400 (2023/09/27 07:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

・所要時間:30分
・プレイ人数: 3人~10人

ゲーム内容

  • カードは、0~9までの数字カードが各5 枚ずつで構成。
    全てのカードをシャッフルして山札にしたらゲームスタート。
  • 最初のプレイヤーは山札から3枚のカードを引き、3桁の数字を宣言。
    その際、最も大きな数字となる組み合わせ順にする。
    4,6,3の3枚なら、自動的に643になる。
  • 宣言は嘘の数字でもOK。
    宣言したら左隣のプレイヤーに裏向きでカードを渡す。
  • 左隣のプレイヤーは、宣言を受けるか、チャレンジするかを選択。
  • 宣言を受け入れた場合は、カードを確認し、0~3枚のカードを捨てて、捨てた枚数を山札から補充し、改めて数字を宣言。
    その際、前プレイヤーの宣言より高い数字でないといけない。
  • 宣言を受け入れずにチャレンジする場合は、チャレンジを宣言し、受け取ったカードを公開。
    前プレイヤーの宣言が嘘だった場合はチャレンジ成功となり、前プレイヤーは、その3枚のカードに書かれているドクロマークの合計数分のダメージを受ける。
  • 上記を繰り返し、ダメージが累積12以上になったプレイヤーは敗北して脱落。
    生き残ったプレイヤーの勝ち。



感想

●妻
なかなか面白いね!
受け取ったときに、前プレイヤーの宣言が嘘過ぎて吹き出しそうになるのをポーカーフェイスで乗り切るのが楽しい。

●ゆづ(11歳の娘)
わかりやすくて楽しい!
でも、すぐ顔に出ちゃうから、こういうゲームはちょっと弱いんだよね。。

●ヨタくん(7歳の息子)
最初は楽しかったけど、パパが嘘をすぐ見破って負けるから嫌だった!

●自分
前評判通り楽しかったです。
この手のゲームは、強制的に嘘をつかないと乗り越えられないシステムが楽しいですよね。
このゲームは3桁の数字を受け取って、カードを入れ替えてより強い数字を宣言しなくちゃなので、割と早めに嘘をつかなくてはならない場面が来ます。
あえて全く違う嘘の高い数字を宣言して相手が受け取った時に、相手の表情が一瞬同様するのがすごく快感です。

大人数対応なので、持っていると色んな場面で使える良いゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:9
  • 手番ごとの成長感:8
  • 攻撃性の低さ:5回
  • 11歳児と本気で遊べる度:7
  • 7歳児も楽しそう度:7
created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
¥1,400 (2023/09/27 07:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント