ハダラ (Hadara)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:40分

ゲーム概要

セットコレクションタイプの拡大再生産カードゲーム。

  • 各プレイヤー、個人ボードとランダムに配布された準備カードに書かれた分のお金と初期パロメーターを入手。
    パロメーターは「収入」「軍事」「文化」「食料」の4つ。
    個人ボード上の各パロメータートラック上で駒を動かすことで数値を表す。
    中央ボードは5つのエリアに分かれていて、各エリアに「収入」「軍事」「文化」「食料」「特殊」の5種類のカード山札を配置。
    各山札はプレイ人数×2枚。
    中央ボードの真ん中にダイヤルがあり、各プレイヤーが5つの種類の山札のうち、どの山札からとるか指定される。
    このダイヤルが回転し、毎回とるカードの種類が変わっていく。
  • ゲームは3時代で構成。
    各時代ごとにカード山札が異なり、時代を経るごとにコスト・効果が高くなっていく。
  • 各時代は、「フェイズA」「フェイズB」に分かれる。
  • 「フェイズA」は、「カード入手or売却(文明強化)」→「収入」→「植民地入手」→「彫像入手」で構成。
  • まず、スタートプレイヤーから順に決められた種類の山札からカードを2枚引き、1枚を表向きでその種類の山札の横に戻す。
    手元に残った1枚を、書かれたコストを払って個人ボードの該当箇所にプレイするか、裏面に書かれたお金をもらってゲームから除外(売却)するかを決める。
    カードをプレイしたら、その種類のパロメーターをカード記載の数だけUPさせる。
    ボーナスがあればそれもGET。なお、カードをプレイする際のコストは、個人ボード上に既にプレイされている同種のカードの枚数分だけ安くなる。
  • つづく「収入」では、個人ボードの収入パロメーターの分だけお金を入手。
  • 次の「植民地入手」では、個人ボードの軍事パロメーターが一定以上の数値に到達していたら中央ボード上の「植民地タイル」を1枚もらえる。
    植民地タイルはお金や勝利点やパロメーターUPボーナスがもらえるもの。
  • 次の「彫像入手」では、個人ボードの文化パロメーターが一定以上の数値に到達していたら、5種のうち1種のパロメーターをUPするか、ゲーム終了時にその種類のパロメーターに比例する勝利点を入手できる。
  • 「フェイズB」は、フェイズAの手順の最後(彫像入手後)に、「食料チェック」と「メダル入手」が加わる。
    食料チェックでは、個人ボードの食料パロメーターよりもプレイしたカードが多い場合、その分のカードを捨ててパロメーターを下げないといけなくなる。
    メダルの購入は、ゲーム終了時にプレイしたカード5種ごとに7勝利点もらえる「金メダル」と、ゲーム終了時に5種のうちいずれかのパロメーターの数値がそのまま勝利点になる「銀メダル」のいずれかを購入できる。
    時代を経るごとにメダルのコストは跳ね上がっていく。
  • なお、フェイズBの「カード入手or売却(文明強化)」は、フェイズAとは異なり山札からもらうのではなく、フェイズAで山札横に戻されたカードの中から好きな種類のカードを1枚もらう形なので、自分が強化したい種類のカードを入手しやすくなっている。
  • フェイズBが終わったら、中央ボードの山札を全て除去し、時代2の山札をセットし直す。
    時代2が終わったら時代3へ。時代3が終了したらゲーム終了。



感想

2020年当時
●妻
プレイ時間が短いのにやりごたえ十分!
ルールがシンプルで見通しが良く、どんどんやれることが増えていく感じも好み。またやりたい!

●ゆづ(8歳の娘)
すごく楽しかった!
ルールも簡単だし、お金がどんどん増えていってもらえるカードが強くなるのもいいね。

●ヨタくん(4歳の息子)
このゲーム楽しいね!
ヨタくん、上手にお金を増やして強いカードを買っていったら、パパに勝ったよ!

自分
わかりやすいルールで、接戦になるゲームバランス、やれることがどんどん増えていく拡大再生産性など、全体的に優れたゲームですね。
全プレイヤー同時処理のところが多いので、とてもサクサクゲームが進み、間延び感0です。

収入を得る機会が結構多いので、カツカツになりにくく、真っすぐに拡大再生産していける感じがすごく楽しい。
それでいて、やれることの種類が多いためゲーム終了時まで100%満足にやり切れない感じがリプレイ欲を掻き立ててくれます。

余談ですが、4歳のヨタくんが、このレベルのゲームをフォローなしに普通にやるようになってきました。
ルールの理解も早く、うつ手も確からしい。
このゲームでは、普通に負けてしまいました、、、。恥ずかしい!!

初心者にもお勧めできる、素晴らしいゲームです。

総合評価

  • 総合評価:8
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:9
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):10
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:7
  • 戦術の幅:8
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:10
  • 攻撃性の低さ:8
  • 8歳児と本気で遊べる度:10
  • 4歳児も楽しそう度:9
  • 備考:「あともう1手番だけプレイしたかった」で終わる絶妙な収束性。

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント