イト(ito)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:15分

ゲーム概要

「クモノイト」と「アカイイト」の2種類のゲームができるが、今回は協力ゲーム「クモノイト」の紹介。

  • 各プレイヤーが、手札のカードを全て小さい順に出し切ることが目的。1~100までの数字カードをシャッフルし、各プレイヤーに1枚ずつ配布。
  • 各プレイヤーはお題に沿って、自分の数字の大きさを表現。
  • 例えば、ドラゴンボールの強さ、というお題なら、90のカードを持っている人は「悟空」、30のカードを持っている人は「栽培マン」、など、自分の価値基準に従って表現。
  • その後、「悟空」→「トランクス」→「栽培マン」→「ウーロン」など、全員で話し合ってカードを昇順だと思う順に並べる。
  • その後、実際にカードを表にして昇順になっていればクリア。
  • 間違っていたらライフを失う。
  • ライフがなくなる前にできるだけ多くのラウンドまで正解し続けられることを目指す。



感想

2019年当時
●妻
軽いし盛り上がって楽しいね。好きなお題だとめっちゃ笑える。

●ゆづ(7歳の娘)
なんか面白い!間違ったらおかしい!

●ヨタくん(3歳の息子)
ハンターハンターでやったの、楽しかった!

●自分
カード構成はザ・ゲームと同じなのでザ・ゲームで代用可能。だが、このゲームのカード絵がコミカルで可愛いから笑いを誘い、面白い気がする。

かたろーぐ同様、お題や一緒に遊ぶ仲間によって楽しさが変わるゲーム。仲の良い人たちと、共通の趣味の話題でやると最高に盛り上がります。

バーベキューや飲み会など、いつもの仲間と盛り上がりたい時にぜひ!

総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:8
  • システム洗練度:6
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:8
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:5
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:7
  • 手番ごとの成長感:5
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:5
  • 備考:思いっきり価値観が違うと爆笑


 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント