マハラジャ新版(Maharaja)

・所要時間:90分
・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)

ゲーム概要   

エリアマジョリティの傑作ゲームのリメイク。

・中央ボード上の都市トラックに全ての都市タイルをランダムに並べる。

・ボードのスタート地点に全プレイヤーの司祭駒を配置。

・ボード横に指定の数の助っ人タイルを用意して表向きで並べる。
・各プレイヤーは、個人ボードとアクションディスクを受け取り、彫像駒7個と祭壇駒8個を個人ボードに配置。

・15コイン、3名声点を受け取ったらゲームスタート。
・まず、スタートプレイヤーから時計廻りに助っ人タイルを1枚づつ選ぶ。

・助っ人タイルには番号が書かれていて、それが手番順になる。 

・手番順に中央ボード上の任意の村に1つずつ、合計各4個ずつまで祭壇コマを置いていく。
・各ラウンド、まずは中央ボード上で先頭にある都市タイルの都市にマハラジャ駒を配置。

・各ラウンド、マハラジャを置かれた都市のみラウンド終了時にマジョリティ決算が行われる。

・マハラジャを置いたら、その都市タイルは最後尾に置く。
・マハラジャ駒配置後、全プレイヤー一斉に秘密裏に自分のアクションディスクで2つのアクションを選択する。

・手番順にアクションディスクを公開して、2つのアクションを行う。
・全プレイヤーがアクションを完了したら、マハラジャかいる都市のマジョリティ決算。

・その都市に置いてあるプレイヤーの彫像駒、祭壇駒、司祭駒の価値を合計して、順位に応じてコインと報酬タイルをもらえる。

・報酬タイルはコインや追加の祭壇駒をもらえたりなど。マジョリティ決算が終わったらラウンド終了。
・アクション内容は、「コインを支払って村に祭壇駒を設置」「コインを支払って司祭のいる都市に彫像駒や祭壇駒を配置」「コインをもらう」「ストックから祭壇駒を補充する」など。

・司祭を都市から都市に移動させるには、途中で通過する村全てに祭壇駒が置かれている必要がある。通過した祭壇駒が自分のなら無料だが、他プレイヤーのものならそのプレイヤーに1コインずつ支払う。
・助っ人タイルは、手番順のための数字以外に、それぞれ特殊能力を持つ。

・他プレイヤーの村を通ってもお金を払わなくても良い助っ人や、自分の司祭駒の価値を上げる助っ人、彫像駒をを安く建てられる助っ人など。

・手番順が遅い助っ人ほど特殊能力が強力。
・上記を繰り返し、所定のラウンドが終了したらゲーム終了。

・コインはその数分が勝利点。

・加えて、各都市のマジョリティ1位へのボーナス点などを加算して、総得点が高い人が勝ち。

 



感 想

●妻
面白いけど、ガッチガチのエリアマジョリティだからどうしても思い通りにできなくてイライラしちゃうなぁ。

●ゆづ(9歳の娘)
楽しかった!でもママが怒るし、あんまりかも。

●ヨタくん(5歳の息子)
楽しい!でも、マジョリティが全然がとれなくてちょっと嫌だったかな。

●自分
名作エリアマジョリティゲームのリメイク。より洗練された印象です。

我が家は妻がエリアマジョリティアレルギーなので迷いましたが、やはり遊ばないとと思ってプレイ!

案の定妻の機嫌は悪めでしたが、エリアマジョリティゲームとしては全体的に完成度の美しいシステムでした。頭を気をめっちゃ使うので疲れました。

やっぱり我が家は、箱庭系の拡大再生産、インタラクション弱め、が好みだと再確認。このくらいゲームを遊んでると流石に好みがハッキリしてきますね!

総 合 評 価

・総合評価:6
・独創性:8
・わかりやすさ:6
・システム洗練度:8
・間延び感の低さ(起伏):6
・リプレイ性:5
・コンポーネントの魅力:7
・脳汁感(ジレンマ味わい度)7
・テーマ再現性:6
・戦術の幅:6
・ドキドキわくわく感:5
・手番ごとの成長感:5
・攻撃性の低さ:4
・9歳児と本気で遊べる度:6
・5歳児も楽しそう度:6
・備考:旧版のビー玉みたいな綺麗な駒も良かったなぁ。

~Fin~

コメント

タイトルとURLをコピーしました