マネー(Money)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:15分

ゲーム概要

7種の紙幣カード(それぞれ20、20、30、40、50、60で構成)とコインカード(全て10)を競り、交換し、集めていくゲーム!

created by Rinker
¥1,980 (2023/02/02 13:00:36時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 全てのカードをシャッフルし、6枚ずつ配布。
    残りは山札として中央に配置。
    山札の左右に4枚ずつ紙幣カードを表無で配置したらゲームスタート。
  • 手番では、まず手札の紙幣カードから任意枚数を裏向きで目の前に出す。(競り)
    一斉にオープンし、合計金額が高い人から順番にカード交換の権利を得る。
  • 交換の対象は、山札の左右の4枚と、他プレイヤーが出した手元のカード。
    選んだら自分が出した手元のカードとまるっと交換。
  • 全てのプレイヤーが交換を終えたら再度競り。
    山札がなくなるまでこれを繰り返したらゲーム終了。
  • ゲーム終了時の手札が得点対象。
    紙幣の種類ごとに分け、得点計算。
    200以上いかない種類はマイナス100される。
    つまり、180だと80点、190だと90点、100以下だと0点。
    210だと210点なので、200を超えるか否かで得点が大きく変わる。
  • また、各種類、20のカード3枚、30のカード3枚を全て集めたらそれぞれ100点ボーナスをもらえる。
  • 合計点が最も高い人が勝ち。



感想

2019年当時
●妻
これは面白いね。
紙幣を絞って集めて200を超えないと勝てないね。

●ゆづ(7歳の娘)
おもしろいけど難しいね!
欲しいカードをとるには数字の高いカードを出さなくちゃなんだよね。

●ヨタくん(3歳の息子)
ちょっとむずかしかった!

●自分
手元からどのカードを競りに出すか、どのカードを交換するか、毎手番うんうん唸るゲーム。
他のプレイヤーと狙いがかぶってる紙幣はほぼ点数にならないので、早めに判断してどんどん方針を変えないといけない。

集めている種類全てが200点を超えるよう見極めつつ、ボーナス点を狙って20と30のカードをしたたかに集めていく。

合計点500を越えるとめっちゃ気持ちいい!

クニツィア先生のゲームは、1手番1手番にすさまじいジレンマが来るゲームが多い。
カードゲームにしてはかなり疲れるけど、やりごたえ十分な傑作ゲームです。



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:8
  • わかりやすさ:7
  • システム洗練度:8
  • 間延び感の低さ(起伏):8
  • リプレイ性:7
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):8
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:5
  • ドキドキわくわく感:6
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 3歳児も楽しそう度:3
  • お金カードの完成度の高さ:9
  • 狙ったカードが集まった時の興奮:9
created by Rinker
¥1,980 (2023/02/02 13:00:36時点 楽天市場調べ-詳細)

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント