電力会社:最初の火花 (Power Grid: The First Sparks)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:90分

ゲーム概要

名作「電力会社」のシステムをベースに、石器時代をテーマにしたゲーム!

created by Rinker
Rio Grande Games
¥11,205 (2024/06/24 03:58:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • 中央に狩場ボードを設置。
    各区画にはマンモス・熊・魚・葡萄のいずれかが描かれていて、その絵の周囲にプレイヤー駒を置けるスペースが3箇所ある。
    この狩場ボードにプレイヤー駒を置いていくのがゲームの目的。
  • 狩場ボードの横にリソース管理ボードを設置。
    このボードにはリソースの種類ごとに駒を置くスペースがあり、麦スペースには麦駒全てを、葡萄スペースには葡萄駒を4つ、魚スペースには魚駒を2つ、熊スペースには熊駒を3つ、マンモススペースにはマンモス駒を2つ、初期配置する。
    この初期配置数に狩場ボードにある各リソースの絵の数を加えた数の駒が、毎ラウンド終了時にこのリソースボードに補充されていく。
  • 各プレイヤー、麦駒を7ポイント分と、ハーブカード1枚を受け取り、狩場ボードに1~2個プレイヤー駒を置いたらゲームスタート。
  • 各ラウンド、下記の流れで進んでいく。
    • 「リソース駒を消費して道具カードを獲得」
    • 「保有リソースの3分の1を捨てる」
    • 「狩り場でリソース駒を獲得」
    • 「狩場に置いてあるプレイヤー駒の数分、保有リソースを消費」
    • 「リソース駒を消費して、狩場ボードにプレイヤー駒を置く」
    • 「狩場ボードの駒数の多い順で次ラウンドの手番順が確定」
    • 「リソース管理ボードの各スペースに指定の数の駒を補充」
  • 「リソース駒を消費して道具カードを獲得」フェイズでは、各プレイヤー1枚ずつ道具カード獲得のチャンスがある。
    まず手番順の早いプレイヤーが、中央にある4枚のカードの中から好きなカードを1枚選び、他プレイヤーに欲しいか確認。欲しい人が重なったら、手番順が最も遅いプレイヤーから優先獲得。
    誰も欲しくなかったら手番プレイヤーが獲得。
    これを繰り返していく。
  • このゲームで唯一リソースを獲得できるのが「狩場でリソース駒を獲得」フェイズ
    ここでリソースを獲得するためには、狩場ボードのそのリソース絵に隣接した場所にプレイヤー駒が置かれていて、かつ、そのリソース駒を獲得できる道具カードを保有していることが条件。
    コストの高い道具カードによっては、一度に大量のリソース駒の獲得が可能。
    ただし、この道具カードは3枚までしか保有できないので、最初は弱いカードから獲得し、次第に強いカードへと入れ替えていく必要がある。
  • 「リソース駒を消費して狩場ボードにプレイヤー駒を置く」では、1~5個のうち好きなだけ狩場ボードに置けるが、置く数が多いほどコストが跳ね上がる。
    このフェイズで13個以上置いたプレイヤーが現れたら、このラウンドでゲーム終了。
    最も多くのプレイヤー駒を置いたプレイヤーが勝ち。



感想

2020年当時
●妻
面白い!
でも、プレイヤー駒を狩場に置き過ぎると次のラウンドが不利になるので、見切りが難しくて勝ち方がよくわからないゲーム。
狩場ボードがゴチャゴチャしてる感じもちょっと嫌かな。

●ゆづ(8歳の娘)
途中までずっと負けてたけど、リソースをたくさんためて、最後に一気に逆転できたので嬉しかった!

●ヨタくん(4歳の息子)
ヨタくん、熊をいっぱい集めて楽しかった!
駒もたくさん置けたよ!

●自分
すごく面白いけど、難しくて疲れるゲーム。

手番順がすごく重要で、前ラウンドでプレイヤー駒を置き過ぎると次のラウンドで著しく不利になる絶妙なシステム。
欲しいカードがとれないわ、リソースの獲得数も少なくなるわ、プレイヤー駒を狩場に置くコストも上がるわ、と、かなり厳しい状況に追い込まれるため、他プレイヤーよりも出過ぎない調整が必要。

かといって、プレイヤー駒の設置数が勝利点になるのでどこかで置きまくる必要があるのだけど、そこの踏み込みのタイミングが難しく緊張感がある。この独特のシステムはさすがフリードマンフリーゼって感じです。

終始カツカツの中考えて続けてタイミングが合ったプレイヤーがそのままゴールするので、個人的には爽快感がちょっと足りないかな。
各駒の価値が直感的にわかりにくいのも残念。
でも、総合的にはやはり素晴らしい完成度のゲームです。



総合評価

  • 総合評価:6
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:6
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):7
  • リプレイ性:6
  • コンポーネントの魅力:6
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):6
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:5
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:6
  • 7歳児と本気で遊べる度:8
  • 4歳児も楽しそう度:8
  • 備考:マンモスを複数狩ることに成功すると異常に興奮する度:10

 

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント