さかにゃー(Sakanya)

・今回の人数:4人(俺、妻、ゆづ、ヨタくん)
・プレイ時間:5分

ゲーム概要

パーティーゲーム!
カードの支持通りのポーズと鳴き声をし続けて耐え、魚カードが出たら誰よりも早くゲットしよう。

  • 各プレイヤーに、白猫、黒猫、三毛猫のいずれかご割り当てられる。
  • カードには、白猫、黒猫、三毛猫が1~3匹書かれている。また、鳴き声が、「にゃー」こ「にゃん」のいずれかが書かれている。魚だけが書かれた魚カードは1枚のみ。
  • 全てのカードをシャッフルして山札に。
  • 手番では山札から1枚めくるだけ。めくられたカードを全員で見て、一斉に猫のポーズをとったり、にゃん!とか鳴きます。
  • 前のカードと鳴き声が同じなら鳴かない。違う鳴き声ならその声で鳴く。書かれている猫が自分担当の猫の場合は猫のポーズをとる。
  • 一つでも間違えたらそのプレイヤーは脱落。最後の一人になったらその人の勝ち。もしくへ途中で魚のカードがめくられたら、その時点で生き残ってるプレイヤーの中で一番早く中央に置かれた魚のコマを手にとった人の勝ち。



感想

2019年当時
●妻
可愛いし面白いし難しい!
これは盛り上がるやつだね!

●ゆづ(7歳の娘)
可愛くて楽しい!
すぐ間違えてポーズとっちゃうよ~

●ヨタくん(4歳息子)
楽しかった!
ヨタくん、すぐにゃーって言っちゃうから負けちゃう!

●自分
やばい、これ楽しい!
ウィーウィルロックユーやコンチェルトグロッソのような、間違えちゃいけない系に、ジャングルスピードやおばけキャッチみたいなスピードキャッチ系を見事に組み合わせてます。

とにかくポーズと鳴き声がややこしく、一回でも間違えると脱落なので超集中して頑張ります。
で、いきなり魚が出ると混乱の極みに。

この手のゲームは難易度設定が難しいけど、これはとてもよい!
かなり笑えます。
パーティーゲームとしておすすめ!



総合評価

  • 総合評価:7
  • 独創性:7
  • わかりやすさ:10
  • システム洗練度:7
  • 間延び感の低さ(起伏):9
  • リプレイ性:9
  • コンポーネントの魅力:7
  • 脳汁感(ジレンマ味わい度):5
  • テーマ再現性:6
  • 戦術の幅:6
  • ドキドキわくわく感:8
  • 手番ごとの成長感:7
  • 攻撃性の低さ:8
  • 7歳児と本気で遊べる度:9
  • 3歳児も楽しそう度:9
  • 備考:どうしても間違ってしまうのは何故!?

~Fin~

下記バナーを応援クリックいただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

コメント